自宅にある道具で簡単に製本する手順 - 切り絵Blog 影織文庫

自宅にある道具で簡単に製本する手順

COMPLEX展に出している小説は、頑張って自分で製本しました。
今日はその方法について書きたいと思います。

今回は無線綴じ、つまり糸や針金を使わずに、背を糊付けして固める方法で製本しました。
※作成にあたり、右のHPを参照しました。http://www.less-is-beautiful.com/20150118_new-years-card-2015/

材料

・印刷した小説(B5版)
・ボール紙(A3サイズ・表紙の補強用)
・きれいな紙(A3サイズ・表紙の装丁用)

道具

・クリップ(ダブルクリップ、目玉クリップなど大きなもの)
・カッター
・ボンド
・両面テープ


手順

A. 印刷した小説を冊子にする


①印刷した小説を揃えて、冊子の背になる側以外の三辺をクリップで留める

・背=本棚に本を立てた時にこっちを向いている、タイトルの書かれている部分、です。
・ここできちんと揃えておかないと、のちのちうまく接着できないので注意。

②背になる部分に等間隔(今回は2cmおき)で切れ込みを入れていく。

切れ込みが見えるでしょうか

上から見たらこんな感じ。綴じる全ての紙に切れ込みが入るように。
ボンドがしみわたる部分の表面積を広げるための一工夫です。

③先程切れ込みを入れた背の部分全体にボンドを均一に塗り、背の全面を覆うようにすぐにティッシュを上に乗せてくっつける(今回はB5の長辺に糊付けしたので、ティッシュ2枚分縦に並べて乗せました)。

・あとで処理するので、この時に、ティッシュをはがしたり、切って整形したりしないで、そのまま乗せてよいです。
・上の写真のように冊子を平置きして、横から塗るとよいです。背の部分上にして、上からボンドを塗ると、垂れてきてページがくっついてしまいます。
・ここできちんと糊付けしないと、ページが脱落してしまうので注意。
・ボンドは少しずつ乗せ、指やへらでボンドを伸ばしていくとよいです。

④ティッシュがふわふわ浮き上がっているので、ティッシュの上からさらにボンドを塗る

・塗っている間に、ティッシュが破れてしまうことがありますが、びりっびりにならなければ大丈夫です。優しく塗りましょう。

⑤乾かす。


B. 表紙作り

乾くのを待つ間に、表紙を作りましょう。

①ボール紙を、表紙となる紙より一回り小さく切る。

・各辺の周囲が1.5〜2cm分くらいずつ余るとよいでしょう。

②冊子を開きやすくするため、ボール紙の中心から左右2mmずつのところにカッターで浅く切れ込みを入れる。

折り目を付けたところ。
・ここが背になります。Aで作った冊子を接着する部分です。
・切れ込みが入ったら、それに合わせて折り目をつけておきましょう。
・今回は2mmずつ、計4mm分の背の厚みを見積もりました。冊子の厚さによって、切れ込みを入れる場所を変えてください。
・カッターに力をこめてボール紙を切断しないように。


③ボール紙の背の部分以外に両面テープを貼り、表紙の紙と貼り合わせる。

半面貼ったところ

・いっぺんに貼るのでなく、まず表紙、貼り終わったら裏表紙というように片面ずつ分けて貼るとよいです。
・表紙の紙の中心とボール紙の中心を揃えましょう。このあとはみ出している装丁用の紙を折り込んでとめますが、その折り込む部分が上下、左右均等な長さになっていると美しいです。

④貼り終わったら、はみ出している表紙装丁用の紙の角の部分に切れ込みを入れ、すべて内側に折り込み、ボンドで留める。

こんな感じで切れ込みを入れて

上の一辺を折り込んで留めました。

⑤乾かす。


C. 合冊


乾きました。合冊しましょう。


①Aで作った冊子のはみ出しているティッシュを切る。


・この時、ぱらぱら開いてみてページが落ちてこないか確認しましょう。

②背の部分にボンドを塗り、表紙と貼り合わせる。

はみ出たティッシュを切ったもの。
背の部分(写真右側)と表紙の背の部分を留めましょう。

③乾くのを待つ。


完成…!


試行錯誤しながら初めて作りましたが、乾燥時間を含めないで1時間半くらいでできました。



自宅にある道具で簡単に製本する手順 自宅にある道具で簡単に製本する手順 Reviewed by 影織 on 5月 12, 2017 Rating: 5