【切り絵のコツ】切り絵に色紙を貼る時、美しく仕上げるための色つけの順番とは? - 切り絵Blog 影織文庫

【切り絵のコツ】切り絵に色紙を貼る時、美しく仕上げるための色つけの順番とは?

濃い色を先に、薄い色を後から貼っていくとよいです。


なぜ濃い色→薄い色の順か

色紙を重ねてみましょう。
色紙を重ねる実験

色紙を重ねる実験


切り絵に色紙を貼る時、紙が重なる部分が出ることがあります。
そんな時、薄い色の下に濃い色の紙を貼ると、上図のように色が少し透けます。
せっかく綺麗に色を付けたのに、一部だけ微妙に下の色が透けて見えたら残念ですよね。

先に濃い色を貼っておくことで、その上から薄い色の紙を貼っても、表に透けて出てくることがなくなるのです。


具体例を見てみると、こういう三つ編み図案の彩色の際、先に濃紫の部分を貼っておけば、
切り絵に色紙を貼る時の彩色順番

切り絵に色紙を貼る時の彩色順番

薄い灰色のパーツをいちいち細かく切らず、上図のように上からまるっと貼ってしまっても、表の濃紫色の部分に透けて濁ることがない、というわけです。
切る手間も省けて、一石二鳥です。


まとめ

色紙は濃い色から貼っていく。
そうすると、綺麗に仕上げやすい。
【切り絵のコツ】切り絵に色紙を貼る時、美しく仕上げるための色つけの順番とは? 【切り絵のコツ】切り絵に色紙を貼る時、美しく仕上げるための色つけの順番とは? Reviewed by 影織 on 8月 31, 2018 Rating: 5