電子レンジで料理を温める時、皿がめちゃくちゃ熱くなるのを防ぐ方法

結論: 料理部分にだけラップをかけて、皿のふちにはラップをかけない

これは昼ごはんのラザニア

皿あっつ!!!

電子レンジで料理をしばらく温めて、いざ取り出すときに死ぬほど皿が熱くてびっくりした経験、ないでしょうか(そしてお皿がすごく熱い割に、料理の中心部が全然温まってなかったりするよね( ‘ᾥ’ ))。

この時、皿全体にラップを欠けるのではなく、料理にだけぴったりラップを被せて、皿の触る部分にはラップがかからないようにすると、全然熱くなりません!
料理が熱々でも、余裕で取り出せます。

赤い部分にはラップがかかっていません


なんで熱くならないのか

電子レンジで料理を温めると、料理の中の水分が蒸発し、熱い水蒸気が発生します。
この水蒸気が、ラップで包まれた中一面に広がるので、その熱が伝わって皿が熱くなるのだそう。

ですので、上記のように、料理にだけラップをかければ、その水蒸気の熱が伝わらない部分は、ラクラク持てるんですね。

ちなみに試していないですが、スープなどの液体物だとちょっと難しいかもしれません。
液体の上にふんわりラップを乗せたらいいのかな。


まとめ

ラップのかけ方のひと工夫で、皿が熱くなりすぎずに安心して料理を温められるよ、というお話でした。