夢「赤い壁」

今朝見た、なんだか不思議な夢の日記。

---

気付くと、目の前一面が真っ赤だった。

「それは壁だよ」
どこかからか声がした。

何歩か下がって見てみると、果たしてその赤いものは巨大な壁だった。
真っ赤な壁に、白いペンキでこれまた巨大な目のアイコンが描かれている。
私が見ていたのは、その瞳孔にあたる部分だったのだ。

「目を近づけ過ぎているとさ、よくわかんないよね。視界いっぱいに広がってるから。でもその赤いのは壁だったってもうわかったでしょ」
声は続ける。
「同じ事で、目を近づけ過ぎているから、いまの我々に見えるのは三次元世界なんだよ」

楽しげな声を聞きながら、私は考える。
(もう何歩か遠くから、現実世界を見つめる事ができたのだとしたら)