自分にとって大事なものを大事にすることが、なぜ難しいのか

大事じゃないことを優先させて、大事なことを後回しにしてしまったり、
大事じゃない人の機嫌を伺って、大事な人を放置してしまったりすることがある。

大事なものを大事にするのは、割と難しい。
なぜなら、それが自分にとって大事かそうでないかは、とても見誤りやすいからだ。

本当は大事なのに、見栄を張って大事じゃないふりをしたり、
本当は大事じゃないのに、世間体を気にして大事なふりをする。

そうやって、外側だけを見て大事かどうかを決めていると、
本当に大事なことが何かわからなくなる。

自分にとって本当に大事なものは、いつも自分の内側を覗いて見つけていく必要がある。