タスクは空っぽにすることを目指さなくていいのかもしれない

タスクというものは、全部空っぽになることを目指さないといけないものだ、と思っていました。

早くスッキリしたいなぁ。
どんどん潰していかなきゃ、と。


しかし、自分の場合、

タスクとは自分のやりたい事だ

と決めているので、山ほどあって、なかなかなくならないんですよね。


そう考えたときふと、

タスクはなくしてゼロを目指すのではなく、さらさらとこなして、常に新しいものがあり続ける状態を目指すのがいいのでは?

と思ったんです。


まるで空気の流れのようなものだ、と思ったんですね。

常に新鮮な空気が窓から出入りする環境。


部屋の空気が全部閉め出されてゼロになってしまう状態も、

何日も全く換気されないままの密室状態も、

人が過ごす環境としてよくないです。



同じように、

新しいタスクが常に流れてきて、終わったものが流れていく、常に循環がある状態が理想なのかな、と思うのです。

それによって、自分の活動のやる気や元気を、常にフレッシュな状態に保てるのではないでしょうか。



まとめ

さらさらとタスクをこなして、新鮮なやる気を保ちたいですね。