クジラの骨格模型!恐怖の等身大吸血鬼! 情報量が多すぎる地中海歴史自然博物館に行ってみた

ピサの近くの港町リヴォルノにある、地中海歴史自然博物館(Museo di Storia Naturale del Mediterraneo)に行ってきた日記です。

写真はぜひ、タップ・クリックして拡大してお楽しみください。



外観

入口の門入ってすぐの木に、布でぐるぐる巻きにされた首吊り死体の模型が吊ってありました(は?)。

しかも2体(は??)。

なんで??お出迎えにしてはパンチ効かせすぎでは???

※後々理由はわかります。

写真は撮りませんでした。だいぶ生々しかったので。


少し中に入ると、ニワトリが放し飼いになっていました。

のどかさと殺伐さの温度差で風邪ひきそうです。

先に進みましょう。

地中海歴史自然博物館にいる鶏

地中海歴史自然博物館にいる鶏



特別展

特別展 "L'OMBRA DELL'UOMO: LA PAURA GENERA MOSTRI"(人の影:恐怖がモンスターを生む)をやっていたので、まずそちらに行ってきました。

入口の人形2体の理由はおそらくこれです。
(なんの理由もなく吊ってたとしたらサイコパスすぎる)

疫病や伝染病の歴史や、魔女、吸血鬼、狼男などの迷信に関する展示でした。
もちろん、コロナウイルスに関する展示もありました。

地中海歴史自然博物館の死神

地中海歴史自然博物館のペスト医師

地中海歴史自然博物館の吸血鬼

地中海歴史自然博物館の狼男

地中海歴史自然博物館の遺物
不死人、あるいはヴァンパイアと思われていた人の頭骨。復活しないように、レンガを噛ませて埋葬したらしい

地中海歴史自然博物館の猿の剥製
伝染病を運ぶ動物たち

地中海歴史自然博物館の薬瓶


ここにはだいぶマイルドなものを載せましたが、
人間を食べているモンスターや、
疫病に侵された人の生首の等身大人形がありました。

(怖すぎない??笑)


受付の人は「怖いって言っても、まぁかわいいものですよ」って言ってましたが、嘘です。

私は大人なので大丈夫でしたが、子供だったら間違いなく泣いていたでしょう。



常設展

子供たち向けに、館内をめぐるクイズが開催されていて、賑わっていました。
小さい頃、科学博物館に行ったなぁと思い出されます。


何よりいいなと思ったのが、英語とイタリア語で解説が併記されていることでした。

小さめの博物館に行くと、イタリア語オンリーということはままあるので、めちゃくちゃありがたいですね。


中は、海洋生物エリア、虫エリア、鳥エリア...などに分かれています。

まずは海洋生物エリアへ。

地中海歴史自然博物館の蟹

地中海歴史自然博物館の蟹

地中海歴史自然博物館の貝

地中海歴史自然博物館の貝

地中海歴史自然博物館の蟹たち

地中海歴史自然博物館の真珠貝
真珠だ!


次に虫エリアへ。
50cmくらいある昆虫のリアルな学習用模型があって、こんなサイズで来られたら嫌だなぁ...とちょっとビビりました(写真には撮っていません)。

地中海歴史自然博物館の蜂の巣
蜂の巣。きれいに残っている

地中海歴史自然博物館の蠍
サソリだ...!


さて、その次に訪れたのが博物館内で一番有名なエリアでしょうか。

約20mほどあるクジラの骨格模型が展示されています。

めちゃくちゃ幻想的でした。


地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本
圧巻です

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本
手の大きさがこんなに違うよ

地中海歴史自然博物館の鯨の骨格標本
肋骨の中、ハンモック吊ってスヤスヤしたいなって思った


ところで以前、グループ展示をした時、相方のにくきゅうさんがクジラの骨格模型を制作されていました。

スマホやパソコンにclusterというアプリを入れると、こちらのリンクからクジラの骨格3Dモデルを光らせたり、その上に登ったりできます。

Oculusをお持ちの方はこちらへどうぞ。


3Dモデルで見たクジラの骨格、本物を見ることができて感無量です。
閑話休題。


鉱物エリア。

入口に置いてあるアメジストの洞窟が大きくてすごかったです。

地中海歴史自然博物館のアメジスト

地中海歴史自然博物館の鉱物


地中海歴史自然博物館の鉱物


恐竜・化石エリア。

数百万年、なんなら数億年単位の古い化石が、蹴飛ばせそうな位置にポイッと展示されているので、ちょっとハラハラしました。

地中海歴史自然博物館の恐竜の骨

地中海歴史自然博物館の化石

地中海歴史自然博物館の恐竜の頭骨

地中海歴史自然博物館の恐竜の化石

地中海歴史自然博物館の恐竜の頭骨
牙すごい

地中海歴史自然博物館の魚の化石


地中海歴史自然博物館の象の化石


地中海歴史自然博物館のカモノハシのクチバシの化石
2億年前の化石だけどこんなにさりげなく置いてあっていいのか


地中海歴史自然博物館の恐竜の骨
この化石の再現予想が、

地中海歴史自然博物館の恐竜を再現した人形
こう。かわいい。


地中海歴史自然博物館の恐竜の化石


地中海歴史自然博物館の象牙
象牙に彫られたマンモスの絵。
ずーっと昔の人が彫ったんだと思うとなんだか感慨深い


そして動物エリアへ。

剥製が飾ってあるのですが、置いてある背景絵や、ディテールにこだわりが詰まっていて、見ていて楽しかったです。

地中海歴史自然博物館の狼と鹿の剥製

地中海歴史自然博物館のリンクスの剥製
毛皮にうっすら雪が乗っているんです

地中海歴史自然博物館の剥製エリア

地中海歴史自然博物館の鷲の剥製
キリッ(`・ω・´)

地中海歴史自然博物館の烏の剥製
ダイナミック!

地中海歴史自然博物館のハゲタカの剥製

地中海歴史自然博物館の鳩の剥製
ゴミ箱までしっかり再現!



植物園

時期が時期なので、残念ながら花は咲いていませんでした。

見頃には、いろいろな花が咲くようです。

地中海歴史自然博物館の園内風景
桟橋を渡ると

地中海歴史自然博物館の植物園
そこは虚無だった


まとめ

見応えたっぷりの博物館、明るい時間に行ったのですが、すっかり暗くなるまで楽しめました。
めちゃくちゃオススメです!


ちなみに帰り道、例の首吊り人形'sが赤々とライトアップされていました。

写真は撮りませんでした。不気味だったので。



アクセス

Livornoの中央駅からバスで一本、20分程度で着きます。