ネガティブな気持ちをちゃんと見る

落ち込んだ、イラッとした、悲しかった、嫌だった。

...という気持ちは、なかったことにすると、かえって長引くものです。

抵抗するから、苦しくなってしまうんですね。



その気持ちがあるのだ、と認める(できれば、一人になれる安全な場所で)。

無理に焦って浮上しよう、ポジティブになろうとしなくていいのです。

タイミングが来れば、必ず消えていくものだから大丈夫。





まとめ

ネガティブな気分の時は、無理に持ち上げようとせず、

「今、沈んでいるな...」と自分で認めてあげるのが大事、というお話でした。