「これを手に入れないといけない」という強い不足感をやり過ごす

広告を見たら、急に「それ」が欲しくてたまらなくなった。

SNSで人の投稿を見かけて、急に自分が「それ」を持っていないことに不満を感じた。

ということがあります。


「それ」はモノかもしれないし、ステータスかもしれません。

とにかく、「それ」を持っていない自分に、不快な気持ちが湧いてしまった。

そんな時の考え方。



埋め込まれた不足感

その情報に触れるまでは、全く気に留めていなかったことなのに、情報一つで「それ」を強く欲しくなってしまう時は、一旦深呼吸する必要があります。


それは、自分の中から自然に湧き出てきた欲求ではなく、外側から埋め込まれた不足感だから。


もちろんその不足感を埋めようと動いてもいいのですが、後から虚しくなってしまったり、モヤモヤしたりすることがあります。


ポイントとなるのは、

・その情報に触れるまで皆無だった欲求が、急激に高まったか。

・自分の中に「足りない」「欠けている」部分がある、だから「それを手に入れないといけない」という不満や焦りを感じたか。

これらがYesであるなら、大概外からやってきた欲求です。



まずは落ち着いて、頭を一旦切り替えて。


これが外からやってきたものなんだな、と意識して、

不満や焦り、不快な気分が流れ去るのを待ってから、

もう一度本当に欲しいか問うてみると、冷静に判断しやすくなるのかな、と思います。



まとめ

「これが欲しい」という気持ちと、
「なんで私は、これを持ってないんだろう」急激な不快感がコンボでやってくる時。

あるよね〜( ˘ω˘ )


私もまさについさっき直撃したので、この記事を書いているわけです笑


そういう時は、客観的にその欲求を見つめて、気持ちを落ち着かせてから判断してみるといいよ、というお話でした。