特に何も感じませんでした。

以前、ある心理学系のセミナーに行った時のこと。


「嫌な出来事を思い出してみてください。そして、

『それを嫌だと思った自分を受け入れ、許します』

と声に出して言ってみてください」

というワークがありました。


その後、やってみた感想を参加者同士でシェアすることになったんですね。


「私、これでいいんだと涙が出てきました...」

「自分を許すってこんな感じなんだ、とわかりました!」

「すごく穏やかで優しい気持ちになれました」

など、参加した方が次々に感動溢れるコメントする中、私は一人、

「特に何も感じませんでした」

と言いました。思いっきり浮いてしまった。


講師の方は、そんな私に嫌な顔をせず、

「なるほど、特に感じなかった、というのもまた良いですね

とおっしゃったんですね。


その時、

「あっ、なるほど、自分を受け入れるってそういうことか...!」

と逆説的に気づいて、思わず感動して泣きそうになったんです笑



正解は一つではない

自分を受け入れることとは、「別解を知ること」なのかもしれません。




冒頭のケースで、私は、めちゃくちゃ感激している周囲の人を見ながら、

「自分の感性が鈍くて間違っているんじゃないか」

「みんなと同じように感動できない自分は、ずれていておかしいんじゃないか」

みたいな不安な気持ちを抱えていました。


一方で、

「いや、でも感じないものは仕方ないじゃん、知らんがな」

みたいな開き直りと、ちょっとすねた気持ちになっていたんですね笑




でも、そんな私の反応もまた良しと言われて、

そもそも、

「感動する=正解」

「講師の思惑通りに反応できる=正解」

「みんなと同じ反応=正解」

という自分の中の公式があって、そこから外れた自分を、自分で受け入れられていなかったんだな...とわかったのです。


何も感じなかったのも正解だし、

大多数の人と違う反応をしたのも正解なんだ。


自分がこうあらねば、と(無意識に)思っていた正解だけが正解ではなかった、と気づく時、

自分を受け入れることができて、ほっと心が緩むのかな、と思ったのです。



まとめ

自分を受け入れることとは、自分の盲点にある別解を見つけて、これもまた良し、とマルをつける作業なのかもしれませんね。