与え下手、受け取り下手

与えるのが苦しいと、受け取るのが苦しくなります。

例えば、自分を削り、我慢しながら誰かに優しくするのが習慣になっていると、

いざ自分が人に優しくしてもらった時に、
相手も同じように、己を削って我慢しているのではないか、と思うからです。



受け取るのが苦しいと、与えるのも苦しくなります。

例えば、望んでないお節介や、あまり嬉しくない優しさを人に押し付けられて、そこにNOが言えないでいると、

人に何かを与えようとした時、
相手も同じように、本心では「いらない」と嫌な顔をしているんじゃないか、と不安になるからです。





解決策としては、与えるのも受け取るのも、主体的になることなのかな、と思います。

自分が与えられる分、与えたい分を判断して、人に与える。
自分が受け取れる分、受け取りたい分を判断して、人から受け取る。


自分で選んで行動していけるといいですね。