【Amazon KDP】原稿作成にPagesを使う際の注意【Macユーザー向け】

経緯

去年のメルマガをAmazonのKindle Direct Piblishingでまとめて出そう、ということで、原稿作成をしていました。


前回はWindowsのPCで、Wordを使って作っていたのですが、Macだけで作業を完結できないかな?と思い、Pagesを使って作業することにしました。

(私のMacにはWordが入っていないのです)


そこで思いの外苦戦した備忘録です。


Pagesを使う際の注意点

書き出す時は必ずEPUB形式で!

ファイルの書き出しには、必ずEPUB形式を選択しましょう。
Word形式(docx形式)で保存したら、以下のような問題に直面しました。


インタラクティブ目次を作成できない

Amazon KDPで作る本の目次

インタラクティブ目次
とは、ハイパーリンク付きの目次です。

これがあれば、読みたい章に、目次から簡単に移動することができます。

Pagesでは上部メニューの挿入 > 目次 > 書類で、簡単に見出しベースの目次を作れます。

しかし、これをWord形式で出力すると、Kindleで開いた際、上のスクリーンショットのように、ハイパーリンクがつかなくなります


太字ができない

Boldに設定してみたはずの文章が、Word形式で出力してからKindle Previewerで見ると、なぜか反映されません。

Pagesでは、Amazon KDPで太字が設定できない

Amazon KDPで太字が設定できない状態
あれ?


EPUB形式で出力することで、上記問題はいずれも解決します。



出力時のオプション選択

PagesでAmazon KDPの原稿作成時のオプション

表紙は「表紙なし」、レイアウトは「リフロー型」を選択しておきましょう。


まとめ

ということで、Amazon KDPの原稿をMacのPagesで作る際は、EPUB形式で出力しようというお話でした。


※Pagesの原稿作成はちょっとクセが強いので、もしWordがあるなら、そもそもWordで作ってしまう方が無難かもしれません。


コメントを投稿

0 コメント