「お金がないと死んでしまう」という不安から解放されるヒントとなる考え方

お金がないと死んでしまう、という不安と向き合った日記です。
※まぁまぁ長文になりました。



なぜお金がないと死んでしまうか


まず最初に頭に浮かんだのは、「お金がないと、自由がなくなるから死ぬ」という思いでした。


私の場合、お金があったから、辛い実家を出て一人暮らしを始めることができました。
そのため、もしお金がなくなると、実家に戻らないと行けない、つまり自由を失うと思い込んでいたんですね。


そうなったら再び人生を親に支配される事になり、死にそうなくらい苦しむ、だから「お金がないと死ぬ」という、とてつもない恐怖を感じているんだな、と気づいたのです。



自由とお金を分ける?


とはいえ、そこまで考えて「自由=お金を持つ」でなく「自由=主体的な選択」ではないかとも思いました。


例えば、一緒にいて苦しい相手と別れて自由になる、という選択をしたことがありますが、それはお金を積んだからじゃなく、その人と距離を置く、と自分で決めたからでした。


だったら、お金と自由を切り分けて考えてもいいじゃない?


...そう頭で思っても、

「人の顔色を伺って、息を潜めて、自分を殺して生きる経験はもうしたくない。

でも、万が一また流されちゃって、支配されたらどうしよう」

という恐怖があまりに強く、自由とお金との切り離しが怖くて仕方なかったんです。



ボイトレで学んだこと


ところで私、少し前からボイトレを習い始めたんです(いきなり何の話?と思うかもしれませんが、しばしお付き合いください)。


レッスンで、はっきりと強くハリのある歌い方を練習していたのですが、

私はいつも、息の漏れた弱い声や、奥に引っ込みがちな声を出す癖がありました。


先生曰く、

「心理状態や育った環境によって出しにくい声もある、でもやり方を身につければ使える」

とのことで、少しずつそういう歌い方を身につけ始めていたところでした。


自分にとっての自由、

つまり、人の顔色を伺って、自分を殺すことからの解放について考えていた時に、

そのボイトレの練習のことをいきなり思い出したのです。


私は、強い声の出し方をこれまで知らなかっただけで、本当は出せるんだ。

出せるやり方を教えてもらって、知ったから大丈夫なんだ。

抑え込むだけじゃない選択ももう選べるんだ。


そう気付いた時、めっちゃくちゃに泣けたんです。

なんでこんなに泣いてるのか?と、私自身マジで意味わからなかったのですが笑、とにかくものすごく涙が出てきたんですね。



自分の自由を守ってくれるのは、お金でなく自分自身だ



もう少しちゃんと言語化してみると、

お金がなくても、どんな環境にいても、自分を強く前に出す・弱く抑える選択を自由に選べるから、「お金がないと(自分を殺して)死ぬ」は、もう手放していけそうだ

と魂が理解したような感じだったんですね。


私は、お金を信じていたのです。
お金が、支配から逃れ、自分の自由を守ってくれる唯一のツールだと。


でも今回の一件で、

お金ではなくて、主体的な選択をできる自分を一番に信頼しよう

と心から思えたのだ、とも言えるのかもしれません。



まとめ

ということで、

お金があれば、自分の自由が守られる、だからお金がないと死ぬ、

という強い思い込みが、ボイトレのおかげで手放せたという不思議なお話でした。

コメントを投稿

0 コメント