「価値を届ける」とはどういうことか【メルマガ過去配信記事】

今日は、メルマガの過去記事をお送りします。

今年の1月末から始めたメルマガ、現在は週1ペースで配信中です。


いつものブログより少し濃いめの内容で、安心しながら自己表現して、自分の人生を生きるヒントをお届けします。

また、創作の裏話や、制作中の新作のチラ見せ先行公開も。


登録は、PCやタブレットでご覧になっている方は外面左側、スマホでご覧になっている方は記事の下に登録フォームからお願いします。


次回配信は明日の11時頃を予定しています。

興味を持たれた方は、この機会にぜひご登録を!


---


ある人と会って、自分の今後のビジョンについて話していた時に、
「影織さんは、どんな人に、どんな価値を届けていきたいんですか」
と聞かれて、うぅぅぅぅん、と悩んでしまいました。

どんな人、はともかく一旦横に置くとして、まず、自分に届けられる価値なんてあるんだろうか。

そもそも価値って何...?(哲学)



価値とは何か

ビジネスはよく「お客様に価値を与える」ことだと言います。が、その価値ってそもそもなんなのでしょう。
そこで、自分がお客様になるシチュエーションをまず考えてみました。


例えば、私が美容室に行くのは、スッキリさっぱりしたいから、可愛く・かっこよくしてもらってウキウキしたいからです。

野菜を買うのは、健康で元気に過ごしたいから(そして、健康でいることは安心につながるから)、美味しいものを食べて満足したいからです。

コーチングのようなサービスを受けるのは、自分の進む道をはっきりさせて、モヤモヤや不安を取り除き、前向きに生きたいからです。


どんなモノやサービスを買うのも、行き着く先は全部、何か特別な気持ちが欲しいから、と言えるでしょう。
「それ」を手に入れることで、何かしら心が動いて、満足感や幸福感を得られることを期待して、それを買い求めるんですね。

そう考えると、価値というのは、気持ちの変化なのでは?と思ったんですね。


さて、ここで改めて、最初の質問に戻ってみます。

「影織さんは、どんな人に、どんな価値を届けていきたいんですか」という質問は、

「影織さんは、どんな人が、どんな風に気持ちが動くモノ・サービスを届けたいんですか」と言い換えられそうだな、とわかったのです。


同時に、そう考えると、「私の持っている価値...とは...いや無価値では...」みたいな苦しみ方をしなくていいと気づいたのです。


私は、受け取る人が「ここにいていい、安心して、色んな形で自分を表現していい」という気持ちを持てるといいな、と思って活動しています。
作品作りも、ブログも、このメルマガも全部。

その、伝えたいあったかい気持ち、感覚(=価値)がちゃんと伝わるような仕掛けになっているか?ということさえ外さなければ

自分の存在そのものに価値があるかないかとか、
自分や自分の発するものの価値は高いか低いかとか、

「価値」という言葉に変に振り回されて、迷子にならずに済むのではないかな、と思ったのでした。



まとめ

「自分の提供する価値」というと、高低の概念と結びつきやすく、隣の芝生を見て苦しくなりがちですよね。

自分の出すものに価値なんてないんじゃないか、あの人の提供するものより価値が低いんじゃないか、とか。

でも、そんなに難しく考えなくても、一番に伝えたい、届けたい気持ちは何か、なぜその気持ちを伝えたいのか、を自分の真ん中に置いて活動することで、ブレずにいられるかな、と思うのです。