自分の考え方の癖を知る

最近、素敵な万年筆を買いました。

Viscontiの万年筆
すっごくいい(語彙力)


ところで、私はよく大きめの買い物をしてから、
商品が手元に届いた後、つい粗探しをして、

「やっぱ買わなきゃよかったかな?」
「選択間違ってたかな...?」

などと考える癖があるんですね。

けれど、しばらくして使い慣れると、
「あ、やっぱ買ってよかった」
となるんです笑



そんな風に、
自分がある行動をした時の思考パターンを見つけておくのが結構大事だな、と思ったんですね。

ある現象に対して湧いてくる感情や思考は、
その人ごとにパターン化できることが多いです。

例えば私の場合、大きな買い物をすると、上記の思考が生まれます。

が、同じ買い物をしても、人によっては、
めちゃくちゃ喜びいっぱいかもしれませんし、
何も感じたり考えたりしないかもしれませんし、
商品が届く前に後悔を始めてしまう人もいるかもしれませんね。


〇〇をしたら、××と思考してしまう。
△△をしたら、□□と感じてしまう。
そんな、自分だけのオリジナルの法則。

特に不快な感情や思考が起こりやすいパターンを見つけておくと、

「今、自分はいつものパターンにハマっているな」

と気付けるようになって、そこに振り回されることが減ります



このパターンはどうやって見つけたらいいでしょうか。

これは感情や思考が湧いてきた時に、
「前にもこういうことで悩まなかったっけ?」
と思い出してみる癖をつけることなのかな、と思います。

同じようなことで苦しんだ時のことを思い出し、
その出来事たちに共通要素がないか探してみるのがオススメです。



まとめ

自分の考え方の癖を見つけておくのが大事というお話でした。