問題を乗り越えるのに、自分の気合いが足りないのではないか?と思ってしまう人のための考え方

人に悩みを相談された時、

「こんな風にしたらどうかな?」

と提案することがあります。すると、

「ああそっか、気合いでそうしたらいいんだね...(ため息)」

という返事をもらうことがあります。


例えば、転職したいけどできない、と悩んでいる人に、「やってみたら?」という時。

「そっか、気合いでエージェント登録とか始めてみたらいいんだね...(ため息)」

みたいな。

気合いね、気合い、うん...



ハードルを下げよう

結論から言うと、気合いだけで進むのは難しいです。

進めたとしても、息切れしてしまう(過去に私もそうだった)。


全然始めよう、始められそうだ、という思いを伴わないのに、

いいからやるぞ、と思い込むのは、大分困難です。

だから、まずは「それならできそう、やってもいいかも」という納得感が必要かなと思います。


上の例なら、この人は転職活動のハードルがめちゃくちゃ高いのかもしれない。

じゃあ、どうなったら、「それならできそう、やってもいいかも」ってなれるだろう?

そんな風に自分に問いかけて、ハードルの方を下げるのです。

自分が気合いで背伸びするんじゃなくってね。

いけるわ。



あるいは何に悲しんでいるだろう?

「ああそっか、気合いでそうしたらいいんだね...(ため息)」

という言葉には、

「気合いが足りないだけでしょ、どうせ自分が悪いんでしょ

という静かな怒りが滲んでいるように感じます。


その怒りのもう少し深い部分には、悲しみがあります。

「なかなか思うように進めない自分がもどかしく、悲しい」かもしれないし、

「本当は辛い、やりたくないって、(他人にも、自分にも)わかってもらえなくて悲しい」かもしれない。


一体何が悲しいんだろう?



まとめ

気合いじゃなくって、安心や納得感と共に進んでいけるといいよな、と思ったのでした。

コメントを投稿

0 コメント