やってみたいと思っても、後から不安な気持ちに負けて、やめたくなる時の考え方

すごくウキウキ楽しくブログを更新した後に、

「...待って、これはちょっと変なこと言ってないかな」
「こんなこと書いて、批判受けないかな...」

と、不安になる



あるいは、

うわー!このイベントすごく楽しそう!申し込もう!

とワクワク申し込みボタンを押した後に、

「...いや、自分みたいな奴が参加して、浮いちゃうんじゃないか」
「当日ちゃんと楽しめるのかな...」

と、心配になる



そんな風に、

ウキウキワクワク気分で始めたのに、

から不安を煽るような言葉が頭の中に浮かんで、立ち止まりたくなること、ないでしょうか。


実際、立ち止まって引き返してしまったり、やめたりしてしまうこと、ないでしょうか。




遅れてやってくる頭の声


後から不安を煽ってくるのは、大体頭の声です。

それは、過去の経験から思考で判断した声です。



以前、こんな風に痛い目見たことあるから、気をつけなよ!

というアラートなのですが、


それが過剰に動作してしまうと、

何をするにも、後から色々不安が湧いてきてしまい、

せっかく楽しそう!とアンテナが立ったことに、飛び込みにくくなるんですね。



頭の声が強すぎる人へ


とりあえず、最初の声(いいなと思ったとか、ワクワクしたとか)を採用してGOするのがおすすめです。



そして、もし最初の声に従ってうまくいかなかったとしても、自分を責めるのをやめましょう

そういう時は、

なるほど、こういう場所は合わないんだな。

これはうまくいかないパターンなのか。

など、自分をまた一つ知るだけでいいのです。

自分の直感の声は、自分にしか聞こえないので。



まとめ


頭の声がうるさい人は特に、最初の直感の声を聞くようにしてみよう、というお話でした。


コメントを投稿

0 コメント