複雑な輪郭も綺麗に切り抜こう【切り絵のコツ】 - 切り絵Blog 影織文庫

複雑な輪郭も綺麗に切り抜こう【切り絵のコツ】

昨日は、輪郭を一番最後に切り出した方がよい、というお話をしましたが、
今日は輪郭をうまく切り抜く方法の話です。

切り絵の線は、一度カッターでなぞっても、
一部分が繋がっていたり、切れ込みが浅すぎたりする場合が良くあります。

ですので、特に複雑な輪郭線の場合、一周切り抜いた後、
すっと綺麗に外れる、ということはなかなかありません。
かと言って無理に引っ張ってしまうと、細い線で繋がっている弱い部分から
千切れてしまうことがよくあります…。

そこで、輪郭を切り抜く際におすすめしたいのが、「ちょっとずつ解体作戦」です。
方法は以下の通りです。

①ひとまず、輪郭を一周切る。




②輪郭線から外側の不要な部分へ刃を入れて、一部ずつ外していく。
 下図の赤線部分に切れ込みを入れます。



 

 この方法、輪郭だけではなく大きくて複雑なパーツをくり抜く時にも使えますよ。


複雑な輪郭も綺麗に切り抜こう【切り絵のコツ】 複雑な輪郭も綺麗に切り抜こう【切り絵のコツ】 Reviewed by 影織 on 11月 13, 2016 Rating: 5