有用・効率・成長・上達・貢献…一旦全部やめる - 切り絵Blog 影織文庫

有用・効率・成長・上達・貢献…一旦全部やめる

先日から仕事を休み始め、しばらく経ちました。

少しずつ元気が出てきたかな、と思っていたのですが、
会社の人との面談でも、誰かと話していても、「働くこと」、もっと言えば「自分が何か価値を生み出し、引き換えに何かをもらって生きていく手法」を考えると、
うーーーん…( ˘ω˘ )
とスリープモードに入ってしまうような感じです。

今日はそんな現状の原因や、今後の対策を覚書としてまとめておこうと思います。


超がんばる→条件付きゆるゆる→真のゆるゆる

思えばこれまで、
「どれが最短で最善か」
「最も効率が良いのは何か」
「そのために身に着けるべきこと、打つべき手は何か」
などを全て全力で頭で考えながらやってきて、

逆に、
「からだの声を聞いて、やりたいことをする」
「いわゆる無駄な時間(ただただぼーっとする、とか)を過ごす」
「ゆったりして楽しむ」
ということが、できていませんでした。

最近になって、後者のゆるいモードを積極的に取り入れてきたつもりで、それさえも、
「やりたいことをする(ただし、それが仕事につながりうるように)」
「無駄な時間を過ごす(ただし、それをブログ記事や作品などの価値に転換できるように)」
「楽しむ(ただし、しっかり上達して、人から認められるように)」
「遊ぶ(ただし、やるべきことを全て終わらせた後、すきま時間で)」
という条件付きのものとしていると、改めて気付きました。

やりたいことをやっているはずなのに、楽しくて始めたはずのことなのに、義務感、責任感にとらわれてどんどん重くなっていく。それはおそらくこの条件付きのゆるさが原因だったのでしょう。

いまちょうど、真のゆるゆるに向かうための転換期に来ているようです。


真のゆるゆるのために

「てろてろと」
「いまはゆっくり遊びましょう」
「例えば、波乗りしようとして雨が降ったら小屋で待つ、そんな風に、自然のように、ただ待つ感じで」
「今後のため、将来のためにすべき、と頭で考えてやろうとすることが出てきたら、危険信号と思った方がいいですね」などのアドバイス、天啓を受けました

まさに。

てろてろと、いまここを生きること。
有用・効率・成長・上達・貢献…一旦全部やめる、をやる時が来たのだと思います。


まとめ、としての宣言(切絵童話作家の側面から)

やらないといけないから、やるべきだから、を一旦手放して、

作品は作りたいから作るし、飽きたら休む
作品は溢れてきたものを形にするし、アイデアが湧いてこないなら放置
作品は見せたいから見せるし、見せたくないと思ったら見せない(あるいは、一部の見せたい人にだけちら見せ)
仕事を受けたいから受けるし、つらいと思ったら休む
コンクールやコンペに挑戦したいから挑戦するし、やりたくないなら今回はパスで
繋がりたいから人と繋がるし、交流がしんどい時はじっと一人で穴ごもる
SNSを見たいから見るし、見たくない時は目かスマホを閉じる
フォロー・いいねしたいからするし、気が進まなかったら目かスマホを閉じる
ブログは更新したいからするし、書く気が起きなかったら無駄に投稿画面を開かない
創作はわくわくするからやるし、つらくてしんどいならフルハウスでも見て寝る
発信は面白いからするし、つらくてしんどいならフルハウスでも見て寝る。(フルハウスいいよね)
頑張るのが楽しいから頑張るし、頑張るのつらいなら寝る
さういふものに わたしはなりたい。

いつもいつも、それぞれの項目、前半部分ばっかり頑張り続けてました。
頑張る論理をやめようと思っていたのに、気付けば同じ論理を創作に持ち込んでいました。

やめよう。
やめてみてどうなっていくのか、見守ってみよう。
焦らずに。

そんなスタンスでいきます。
てろてろと、応援いただけたらなぁと思います。


有用・効率・成長・上達・貢献…一旦全部やめる 有用・効率・成長・上達・貢献…一旦全部やめる Reviewed by 影織 on 7月 11, 2018 Rating: 5