より鮮やかに!レジン彩色切り絵の作り方・第二弾 - 切り絵Blog 影織文庫

より鮮やかに!レジン彩色切り絵の作り方・第二弾

以前、レジン彩色切り絵の作り方をご紹介しました。
その時にはレジンにパステルの粉を混ぜて、レジン自体に彩色する方法を取りましたが、今回は切り絵を先に着色して、そこにレジンを塗って固める方法でやってみました。

用意するもの

切り絵用の紙
切り絵着色用の色紙、折り紙、和紙など
レジン液
つまようじ
いらないクリアファイル

作り方

1) 切り絵を作って、裏から色和紙を貼る。

こんな感じ。とりあえずサンプル用に、謎の幾何学模様を切ってみました。
レジン彩色切り絵の作り方
よく見ると横顔っぽいような?


2) 上からまんべんなくレジンを塗る

いらないクリアファイルを小さく切って、その上に切り絵を載せて、レジンを塗っていきます。私は百均のハードレジンを使っています。
塗る時には、多めに出してから、つまようじで塗り広げると良いです。
手につくとあまりよくないので、つまようじを二本使って、一本で押さえながらもう一本でごしごし塗り広げていくと良いでしょう。

3) 太陽光に当てる、またはCCFLライトを使ってレジンを固める

以前記事を書いてご紹介したのですが、こちらのライトを照らせば、天気が悪くても数分でレジンを固められます。
ちなみに、ライト照射の際は、2)のクリアファイルに乗せたまま中に入れれば、手にもつかずスムーズです。
触って指紋がついてしまうような状態だったら、照射不足ですので、しっかり固めましょう。


4) 完成!


出来栄え

紙の種類にもよりますが、レジン液がしみこむので、どうしてももとの紙の色よりも彩度が落ちてしまう、というのが難点です。
レジン彩色切り絵の作り方
貼った色を下に並べてみました。
レジンがしみこむとなんとなくくすんで見えます

しかし、光に透かすととてもきれいなんです!
レジン彩色切り絵の作り方

ステンドグラスなどをいい感じに作れそうです。


まとめ

以前ご紹介したパステルでのレジン彩色だと、細かい部分の色の変更や調節が、難しかったんですよね。
着色の部分も紙でやってしまうことで、より色鮮やかに表現できそうです。


より鮮やかに!レジン彩色切り絵の作り方・第二弾 より鮮やかに!レジン彩色切り絵の作り方・第二弾 Reviewed by 影織 on 8月 12, 2018 Rating: 5