切り絵の作成中、うっかり引っかけて壊した!を防ぐ方法【切り絵のコツ】

紙でくるんで保護しよう。


どこが壊れやすいか

切り絵している時、紙と紙同士が繋がっていない部分は引っかけて壊れやすいです。
例えばこの図で言えば
切り絵の壊れやすい箇所

黄色の矢印をつけたところが、繋がっていなくて浮いてしまう部分です。
切り絵の壊れやすい箇所

切る作業を進めていく中で、この浮いている部分に服や指が引っかかることで、変な力が加わってぶちっと切れてしまうことがよくあるんですね。
ということで、切り終わった部分にこうした浮いている部分が多数ある場合、完成するまでの間紙で覆ってしまいましょう。


方法

紙を適当なサイズにちぎって、上からマスキングテープで何か所か留めるだけです(白紙だと勿体ないという人は、裏紙や広告を使うとよいでしょう。自分の場合、広告を使うと、目にたくさん情報が飛び込んで切るのに集中できないため、使わないようにしています)。
指や服のこすれる部分さえ上から隠してしまえばいいだけなので、わざわざ裏側からは紙を貼っていません。

こんな感じになります。
切り絵を保護する方法
自分が作業しやすければ適当な貼り方でオッケ~


注意点

紙でくるむ際に、しっかり切り絵が平らになっているか確認しましょう。
くしゃっとなったまま紙でくるんでしまうと、しわがついてしまいます。


まとめ

ちょっとした工夫で、うっかり切り絵を引きちぎって泣くリスクを減らせます。
是非お試しを。