失敗の恐怖で足が止まりそうになった時の考え方

失敗するほど、早く遠くに進める。
失敗するほど、歩みは楽になっていく。

***

失敗の恐怖は悠久の過去から伝わった記憶だ。
死ぬほど怖くて当然だ。
失敗すれば、敵や自然に命を奪われるという
恐れとともに刻まれた記憶だから。
けれど、現代でそんな恐怖に脅かされる可能性はもうない。
死ぬほど怖くても、死なない。

***

あの失敗は確かに痛かった。
けれど、それを乗り越えて今ここにいる。
それだけの強さと勇気を得たのだから
今度はうまくできるはず。

***

この選択は運命の選択じゃない。
仮にまた失敗したって何度だって選び直せる。
今日選んで、また明日選び直したっていい。

* * *

何が一番怖い?
それは本当に避けられない?

* * *