切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法② (Unity + Vuforia + Sculptris+ Blender)

切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法、第2回は作ったモデルを切り絵の上に表示するところまでをまとめたいと思います。

※前回の記事: 下ごしらえもろもろ

作業手順

FBX形式の幻獣モデルをインポート

前回BlenderでエクスポートしたモデルをUnityにインポートします。
Projectウィンドウにドラッグ&ドロップします。
インポートしたモデルをクリックして、Inspectorを開きます。

Rigをクリックして、以下のように
Animation Type: Generic
Root node: Armature
を設定します。
切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(FBX形式の幻獣モデルをインポート)

Animationをクリックして、以下のように設定します。
Anim. Compression: Optional
3箇所のBake Into Poseにチェックを入れる
切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(FBX形式の幻獣モデルをインポート)

切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(FBX形式の幻獣モデルをインポート)


ImageTargetに幻獣を組み込む

先ほどインポートしたモデルを、Hierarchyウィンドウにドラッグ&ドロップします。
ImageTargetの下に置くようにします。
切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(ImageTargetにモデルを組み込む)

Animatorの設定

Hierarchyウィンドウで幻獣モデルをクリックし、右のInspectorを見ると、AnimatorのControllerがNoneになっていますね。
切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(Animatorの設定)

Projectウィンドウで右クリックし、Create > Animator Controllerを選択します。
切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(Animatorの設定)

すると、こんなアイコンのControllerが新規作成されます。適宜命名しましょう。
切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(Animatorの設定)

開くと、方眼紙みたいな画面が表示されます。
切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(Animatorの設定)

この方眼紙の上に、Projectウィンドウ内のアニメーション(下図の再生ボタンマークがついているもの)をドラッグ&ドロップします。
切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(Animatorの設定)

追加したアニメーションを右クリックします。
Make Transitionをクリックして、どのようにアニメーションを遷移させるか決めます。
Entryが開始、Exitが終了です。
今回は、2種のアニメーションを交互にループさせたかったので、このようにつなぎました。

切り絵魔法陣でAR幻獣を召喚する方法(Animatorの設定)


ここまでの実装

できました!


この後は、さらにエフェクトをつけてリッチにしていきたいと思います。
第3回の記事はこちらから!