挑戦するということ

未知に挑戦すること。
とても怖くて、泣きそうになる。

たとえば見知らぬ土地に行く時に
怖い人に遭わないか、
ひどい事故や事件に巻き込まれないか、
目的地まで無事にたどり着けるか。
そんな心配でぎゅーっと心が引き絞られる。

いくら調べても、わからないことは無限に膨らんでいく。
わからないから悪い妄想ばかり無限に膨らんでいく。

チャレンジせずにいられたらどれだけ楽だろう、と何度も思う。
でも、楽であっても楽しくない。
だから好奇心と世界への信頼を原動力に、怖い方へ、怖い方へ飛んでいく。

もっと新しい世界を見るんだ。
もっと美しいものに触れるんだ。
世界は思うよりずっと優しいんだ。
いつだって私は大丈夫だ。

だから、怖い方へ飛べ。