コロナ騒動で気持ちがざわざわする時の対処法

コロナで外出自粛など、いろいろざわざわしています。
買い占めで売り切れた棚を見たり、不安感が大きく煽られるようなツイートを見たりすると、動揺して気持ちがぐらぐらすることがありますよね。
そんな時の対処法。


なぜぐらぐらするのか

不安でぐらぐらする時、大抵過去を振り返ったり、未来を予測したりして、今ここに自分の気持ちがない、ということが多いです。
もちろん、例えば他国のこれまでの情勢を見て対処を考えたり、今後の仕事や生活のことを考えたりすることはとても大事なのですが、それだけ考え続けるのではやっぱりいっぱいいっぱいになってしまいますよね。
だから、今この瞬間に戻るためのスイッチをいくつか用意しておきましょう。

例えば、
好きな本や漫画
おいしい食べ物や飲み物
お気に入りの音楽やゲーム
ペットとの触れ合い
熱いシャワーやお風呂
...などなど。

この時、何気なくスマホでニュースをチェックしたり、不安なことを思い浮かべたりせずに、ただ目の前にあるそれだけをただじっくりと味わうのです

「おいしい」「楽しい」「あったかい」と感じているまさにその瞬間、同時に不安を感じることは難しいです。だから、ほんの短い時間でも、そこに集中することでほっとできるのです。


まとめ

不安定で先の見えない中、一人でぐるぐる考えていると、気持ちがあっぷあっぷしてしまうことがありますよね。
そんな時は、短い時間でも良いのでコロナのニュースから離れて、目の前にあるものをじっくりと味わい、没頭することが、気持ちを鎮めるのに大事です
そうして落ち着いた頭と心で、また考えるべきことを考えていけば良いのだと思います。