完璧主義に仕事を抱え込みすぎるのは「できない」が言えなかったから

仕事を頼まれると、完璧に仕上がってOKが出るまで休めないような気持ちになって、自分を削りすぎてやってしまう、ということが、私にはしばしばあります。
それは「私にはできません」と言えなかったからだと気付いたお話。


できないと言えないのはなぜ?

できないといって投げ出してしまうのは悪いことで、恥だ。
できないと言ったところで、許してもらえるわけない。
できないと相手を不機嫌にさせてしまう。不機嫌にさせてしまったら見捨てられてしまう。
できない自分が悪い。
できないって言うと、負けた気がする。

そんないろいろな理由があって、小さい頃から「できない」と伝える事を自分に禁止していたんですね。


でも、できないことは、本当は悪いことではないんですよね。
だって、できないんですから。
もしできないことで不機嫌になる人がいたとしたら、それはそうやって不機嫌になることによって、相手をコントロールしたり、支配をしようとしたりしているだけだったりします。
できない私が悪いわけじゃない。


完璧主義な人はどうしたらいいのか

敢えて「それは私にはできません」と口に出す
いきなり直接人に言えなくても、まずは独り言でもいいから。


最初、その言葉を口にするだけで、すごく抵抗感があったり、嫌な気持ちになったり、涙が出たりしていました。

でも、何回か呟いているうちに、できないって言ってもいいんだな、が自分の中にほんの少しずつ染み込んできました。


できない自分を追い込むのではなく、許す。
無理して背伸びして、できる自分にフィットさせるのではなく、リラックスした自分にできることをする。
できない自分に降参する。
できない自分を、自分で許す。


まとめ

できないをなくすために、できるまで頑張る力も大事。
でも、完璧主義を目指して自分に鞭打って苦しいのだとしたら、できないと認めるのは、きっとできるようになるまで努力するのと同じくらい(いや、それ以上に)大事なこと。