ついつい人の顔色を伺ってしまったり、気遣いしすぎてしまう時の考え方

こういうことを頼んだら、困らせるだろうか。
こういうことを言ったら、嫌な顔をされるだろうか。
...などと考えて、人に遠慮してしまったり、なかなか人に頼れなかったりする時は、
自分一人で一発で正解に辿り着こうとしなくていい
と考えると楽になるかもしれません。

他人がどんな風に考えるか、どんな風に受け取るかは、自分一人では推測しきれません。
超能力者でもない限り、何も聞かずに相手の意を100%汲むことは絶対に無理でしょう。

色々先回りして遠慮したり、気を使いすぎたりしても、実際に相手がどう思っているかは、やはり本人に確認してみないとわからないものです。
だから、「こうしたらどう思う?」「こういうことをお願いできる?」などと、一つ一つ相手に確認すればいいんですよね。

また、一発で「正解」(相手にとって心地がいい状況、と言い換えてもいいかもしれません)を当てに行こうとしないで、何度もコミュニケーションを取って、すり合わせしていけばいいのです。


まとめ

ついつい人の顔色を伺ってしまったり、気遣いしすぎてしまう時に意識したいこと。

・自分一人で、相手の考えていることを全て推測しようとせずに、実際本人に聞いてみる。
・一発で相手にとっての理想の答えを当てようとするのではなく、コミュニケーションを重ねていけばいいと考える。