創作キャラの履歴書を書いた日記

今日はゆるっと日記を。


Twitterを見ていたら、「推しをイメージした香水を選んで届けてくれるサービス」と言うのを見つけました。
記入欄に推しについて書いて送ると、プロのスタイリストが、500種類以上の香水の中から推しのイメージに合った香水を選んでくれるとのこと。なんと...

ということで、心に住む創作世界の推しの香水を作ってもらおうと、創作キャラの履歴書っぽいものを書いていました。こんな感じで。

創作キャラの履歴書
って本人が言ってたんですよ(ろくろ回し

日本の住所にしか送れないようなので、実際に香水を試すのは一時帰国のタイミングになりますが、これで注文してみようと思います。


さてこの履歴書、いざ書こうとすると、キャー恥ずかしい!となったのですが笑、
書き始めてみると、だいぶびっくりするくらいしっかり書けたので、自分でも驚きました。

見える形、触れる形、科学で証明できる形では間違いなく存在していないのに、こんな風にはっきりとイメージできるものって、「実在しない」と言い切れるものなのでしょうか。
と、なんだかちょっと不思議な気分になったのでした。