人と比べて、自分の生み出すものに意味がないと苦しむ時の考え方

自分より影響力がある人が、
とても素晴らしいブログ記事を書いていたり、

自分から見てはるかに素晴らしい人が、
素敵な作品を作っていたりするのを見て、


あっ、自分の出すものなんて、ちっぽけで意味ないかも...( ˘ω˘ )


と引っ込めたくなる人はいますか。

はい、過去の私です。


こんな素晴らしい人が、素晴らしく発信しているんだから、もう自分の言葉や作品には意味ないじゃん...という拗ねた気持ち。

あるある。



自分の出すものに意味なんてないのか

こういう時に、

「人はみんなオリジナルな存在で、素晴らしいんだ」などと言われても、

あ?(# ゚Д゚)

自分のものが素晴らしいと思えないんだから、困っているんだよ!

そんな綺麗事言われたって、そもそも素晴らしいって思えてたら悩んでないわ!

ってキレたくなりますよね笑




この悲劇のそもそもの始まりは、自分と誰かを比べてしまったこと

そして、そこに順位付けがあって、上位になることこそ正しい、と思ってしまったことではないかと思います。


あの人は優れていて、私はそれより劣っている。

さらに上を目指して勝ち上がり、のし上がらなくてはいけない。

負けてしまったら、この場所を去らねばならない。

そんな一人順位決定戦を始めてしまったから、苦しいのです。


本当は、そんな順位決定戦はどこにも開催されていません。


それでも、順位付けがあるように見えてしまいます。

SNSの影響力(いいねやリツイートの数、フォロワー数など)、PV数、売上高などなど、数値が目につきやすいから、それを元に上下を判断しやすくなってしまうので。


数値は大小がはっきり見えるので、

多いものほど良い、少ないものほど悪い、

と評価を下しやすいんですね。




でも、もう一度書きます。

本当は、そんな順位決定戦はどこにも開催されていません。


自分の中で、勝手に比較する人たちを集めて、

自分の中で順位決定戦を開催して、

自分でダメージを受けているんですね。



なぜ一人順位決定戦を開催してしまうのか


勝てば愛され、人に受け入れてもらえる
と思ってしまうからではないでしょうか。

一等賞になれば、一番愛される。

一等賞になれば、一番賞賛され、尊敬される。

だって、小さい頃からずっとそうだった。




でも、落ち着いて考えてみてください。

好き嫌いと順位付けは関係ないものです。



例えば、世界で一番読まれている本は聖書だそうなのですが、

あなたが一番好きな本は、聖書でしょうか。


また、世界で一番歌われている歌は、Happy Birthday to Youだそうなのですが、

あなたがカラオケで一番よく歌う大好きな歌は、Happy Birthday to Youでしょうか。



そういうこともあるかもしれませんが、そうではない人が大半ではないかと思います。




それに、好きな本や歌だって、たった一つとも限らないでしょう。

いくつもあっていいはずです。




一番有名だからと言って、一番愛されるわけではないですし、

一番有名だからと言って、それだけしか人に愛されない、というわけでもないのですね。



改めて、自分の出すものに意味はないと悩む時は


悲劇の始まりは、自分と誰かを比べて、そこに存在しないはずの順位付けをしてしまっていたからで、

存在しないはずの順位付けをしていたのは、上位になるほど、愛され、受け入れられると思っていたからでした。




でも、ここまで読んできて、そんな順位付けと、愛されるかどうかは別の問題だ、とわかってきました。

そうなると、人と比べて、自分の出すものは優れている、劣っているという判断すら、そもそもしなくていい、無意味なことだ、と少しずつ気付けるようになるはずです。



そうして優劣比較から距離を置けるようになると、

自分が満足するからやってみる、

自分が作り出す過程そのものを純粋に楽しむ、

ということが、だんだんできるようになっていきますよ。



まとめ

人と比べて、自分の出すものに意味がない、と苦しんでしまう時は、ぜひ聖書とHappy Birthday to Youの話を思い出してみてください。

比較を手放して、楽になっていこう。