「やりたいことをする」ために持っておくといい考え方

やりたいことをしよう!とよく言われますが、

同じくらい「やりたくないことをしない」というのも大事です。

「やりたくないことをやめる」をしよう!ということですね)


例えば、

食べたいものを食べる、食べたい時に食べる、というのも大事ですが、

食べたくないものを食べない、食べたくない時に食べないというのも同じくらい大事なんです。

お腹いっぱいなら食べないとかね。


人生の中でやりたいことをする、

というと、「どんなやりたいことをするか」に焦点が当たりがちですが、

同時に「どんなやりたくないことをしないか」も見る必要があります。

それらは裏表なので。



取り組む順番


順番として、

やりたくないことをやめていく -> やりたいことを増やす

がおすすめです。


人生が、

「これは本当はしたくない、あれも本当は嫌だ」と、やりたくないことばかりで埋め尽くされている最中で、

やりたいことを見つけようとしても、全然出てこないものです。




まずはやめよう。


絶対やめられないと思っていることを、どうにか減らせないか。

本当に、自分がそれをしないといけないのか。

それをやめてしまったら、どうなっちゃうと思っているのか。

それ(=やめたらこうなっちゃう!)は、本当に起こりうるのか。



まとめ

やりたいことをすることと、やりたくないことをやめることは、表裏一体というお話でした。


コメントを投稿

0 コメント