好きなことが楽しくない、辛くなってしまった時の考え方

好きなことが楽しくなくなる瞬間の3パターン

適量を超えてやり過ぎている


どんなに美味しい料理も、1kgくらい食べると、さすがに辛くなります。

どんなに楽しいゲームも、12時間くらいやっていたら、さすがにしんどくなります。

どんなに好きなことでも、自分の適量を超えたら、楽しさが減ってしまいます。


→少し距離を置いたり、頻度を減らしたり、自分にとっての適量で楽しみましょう



過去に好きだったけれど、もう好きではない


過去好きだったから、今も好きと思い込んでいるけれど、

実は興味が薄れてしまった、他にもっとやりたいことができた、

ということがあります。

にもかかわらず、「自分はまだこれを好きなはず...」と思ってやり続けようとして、苦しくなるんですね。


→好きなものは変わっていいんですよ。「今」やりたいものを楽しんでやりましょう。



楽しさじゃなく、他人の目を追求し始めている


好きで始めた趣味が、いつの間にか人の評価や賞賛を得るためのものにすり替わって、苦しくなる、ということもあります。


人の目があるところで「それ」をするのをやめてみると良いかもしれません。

例えば、SNSにアップするのをやめるとか。


あんまり辛いなら、しばらくやらない、離れる、というのも手かもしれません。
(私も、そうして切り絵から離れたことがありますよ)

しばらくして心が落ち着いたら、まずは誰にも見せずに一人きりで楽しんで、「楽しい」と言う気持ちを思い出すのが先決です。



まとめ

好きなことが楽しくなくなってしまった時は、立ち止まって自分のパターンを見つめてみましょう。

楽しさや喜びをマイペースに追求していきたいですね。

コメントを投稿

0 コメント