「ミライリフレクト」歌詞考察 & 歌い方解説

ようこそ。

こちらは、「ミライリフレクト」歌詞のディープな深読み解釈記事です。

公式の原作者様とは全く無関係で、あくまで影織個人の独断と偏見に基づく解釈を書いています。

※びっくりするほど超長文です。メモ書きのような感じなので、少々読みにくいかも。


全文歌詞はこちらから


こちらの解釈を元に歌った動画はこちらからどうぞ。






概要

登場人物は男性と女性。

主人公は女性。
男性は、女性の魂のガイド的な、スピリット的な存在。

「反転」という言葉で主旋律を歌う人の視点が切り替わる。


ざっくり三行で要約すると、 

・主人公は人生辛い

・自己対話(というか、スピリット的な存在との対話)した

・そのため対話を通じて内面が整い、元気になって、未来が明るくなった


ということで、かなりスピリチュアル寄りのストーリー解釈をして、歌で表現しました。

影織節(とは)が炸裂します。

お好きな方だけ、続きをどうぞ〜!



詳細

気付いた時〜 生きてみれたら なんて思う 

ふと気づくと主人公の女性は(寝ている時の)夢の中で泣いている。現実が辛いから。


夢の中で思う。

何を思うかというと、「反世界」の空に生きてみれたらいいなぁ、と思う。

反世界の空には、「どうしようもない答え」というものがないので。


反世界
= 優しい空想世界。女性を傷つけるものがある世界の反対にあるもの。

※この「反世界」は、後に出てくる「反転する世界」とは異なるもので、虚像に過ぎない。


どうしようもない答え
 = 私は何のために生きているの?幸せって何?など、本質に対する問いに対しての、どうしようもない答え。

「そういうことは考えず、もっと"現実的に"生きなさい」みたいな


空 = 自由な空間


空想世界(反世界)の、優しく包み込んでくれるような自由な空の中で生きたいなぁ(要するに現実が辛いから逃げたい)、と願っていた。

反世界は現実逃避の場所だった。世界から逃避するための場所なので、反世界。


本当は逃げられないとわかっている。厳しい現実下では、逃げることを願うことすら諦めているので、せめて夢の中で願う。



忘れない今日を

「今日」を忘れない、と誓っている(その理由は後述)。



突然 遊ぶ合図に眩む〜夜空の風を

「今日」、ある転機が訪れた。

遊ぶ合図
= 現実をもっと遊ぼう、この生を遊びながら楽しみ、全うしようというメッセージ


廻りそうな明日
= 目が回りそうなほどにまばゆい明日。目が眩んでる

目が眩むほど「この現実を遊ぶ」というメッセージはまぶしく見える、この女性にとって現実とは辛いものだったから。

ここで歌い方として、ちょっと驚いた感じを出している。


その時、「もう恐れないで」というメッセージを受け取る。

これは未来からのメッセージだった(ラスト参照)ので、男声がここで重なっている。


そのメッセージを受け取った時、「僕ら」が「世界の本当の反射と、夜空の風」を探し求めていたことを思い出す(理由は後述)。

歌い方として、この辺りから元気が出てくる。


僕ら = ここに出てくる登場人物二人。


世界の本当の反射
= 世界とは自分の見ているもの、すなわち内面の投影。

これまで厳しく見えていた世界(現実)ではない、本当の反射を探しに行こう。

ひいては、自分そのものを見つめ直しに行こう、と決意する。


夜空の風 = 美しく優しいものの象徴

女性が、本当は、美しく優しいものを探し求める生き方をしたかったんだ、と思い出す。



点を繋いだ 〜 明日を願えますように

過去の出来事という点を繋いで、今日がある。

そこからじわじわ未来に繋がってゆく。


遠い明日(=未来)ありたい姿を、この男性と願っていたい。という願望。

遠い先まで、願いながら一緒にいたい。



反転

ここから女性 → 男性サイドの視点に切り替わる。

同時に、描かれる対象が、世界(現実)→ 内面に切り替わる。



こぼれた星屑に届け 〜 包んでは消えてゆく

こぼれた星屑に届け、と男性が祈る。(何が届いて欲しいかは後述)

こぼれた星屑
= 過去、捨ててきた純粋な願い、希望。その女性にとって大事だったこと、その女性の中から「こうなりたいなぁ」と湧き上がってきた想像。


過去の理想
= 世の中一般がいいとしているもの、外側から与えられた評価軸など。

立派な学歴、肩書...みたいな


外から与えられた理想を追い求めたことで、星屑(楽しさとか、その女性にとっての喜び、幸せ、願い)はこぼれてしまった。

「世界の本当の反射」や「夜空の風」を探し求める生き方を、諦めてしまっていた。


過去に散らばっているその星屑目掛けて、未来からの救済が届いて欲しい、と男性は祈る。


夏の風 = 運び去るもの。優しいもの。

藍 = これは愛だよ、なんだよ!!!!(ろくろ回し)


男性の助けによって、過去の理想(と、それを叶えようという期待を背負い過ぎたことで負った傷)を手放していく。救済。



笑う言葉 〜 これでいいのか?

ここは男性が主旋律を歌っているが、女性の声もしっかり聞かせている。

囁いて語りかけるようなイメージで歌っている。


笑ったり、泣いたり、二人の言葉のやり取りが積み重なる。


ある時、二人でふと立ち止まる。男性は女性に対して問いかける。

これでいいのか?と。

女性も自問している。これでいいのか?と。


言葉のやりとりを通して、女性は己の過去を整理し、内面と向き合い続ける時間を過ごしている。

その時間は何も生み出していないのではないか、

本当に意味があるのか、

過去に基づく思い込みを手放しても本当にいいのか?という不安を感じて、女性は自問する。


何より、いくら内面と向き合っても、弱い自分には良い未来など掴めないのではないか、という恐れを感じていたので。


こうして男性と共に内面と向き合うまでは、世界は厳しいものだという恐れを抱いていた。

だから、世界に対峙する時、女性は立ち尽くしてしまっていた。


現実世界で、自由な未来を掴むなんて、とんでもない。

自分にできるわけない、と思ってきた。


男性はその過程を全部見てきて、これでいいんだ、と確信しながら、あえて「これでいいのか」と問いかける。



だけど今は 〜 快走

不安はあるかもしれない。

けれど、立ち尽くした過去を抱いたままで(= 世界と向き合うことへの恐怖を抱いたままで)、未来に向かって進んでみようと誘う。


なぜなら、もう一人ではないし、

世界が内面の投影されたものだと知ったから。

もしも、現実で何かが起きても、一緒に見つめることができる。


手を繋ぐ。

覚悟を決めたことで、二人で未来に向かって走り始める。快走。



辿り着いた今日が潤み 〜 僕らきっとなにも庇うことはないよな

ここら辺から歌の方も、エンジンがかかり出す。

「僕ら」という歌詞が出てくるタイミングから、女性のパートを大きめに聞かせている。二人で歌っている感じ。


これまでは(歌の一番では)、今日の積み重ねから、じわじわと未来が変わっていく感じだった。

けれど、共に手を繋いで走り出したことで、未来の現実化が一気に加速することになる。


今日が潤む = 水っぽい何か

明日を奏でる = 奏でる何か

今日から明日になる時、全く別のものに変容している。


過去と未来の連続性から脱却する。

過去の積み重ねが未来に繋がっていく、という次元ではなく、

望む未来へとワープできるようになっている。


未来を切り開く力を手に入れた今、過去の傷をもう庇わなくていい。

過去の傷に囚われずとも、前に進めるようになっている。



夜が明けるその前に 〜 言葉に乗せて

夜が明ける前

= これから未来が明るくなり始めようとしている、新しい未来を予感させる今

= 過去に囚われずに、未来に一足飛びに向かえるようになった今


君(=女性)と、男性は反転の世界を超える。


これまで、内観を続けてきた。

しかしそのフェーズは終わりを迎えて、これから二人で、自分(内側)と世界(外側)の境界を超えて、外の世界へ踏み出していく。

これまで恐れていた、現実世界に改めて飛び込んでいくことになる。


見えた何かの色
= 女性が自らの中に見出した鮮やかで明るいもの、美しいもの。

日々の意味
= 過去に積み重ねた日々に、無意味なものはなかった。全部必要な体験だった。

それらを言葉に乗せて、表現して生きていく。


「言葉に乗せて」の部分は、左右から二人の声がユニゾンで聞こえてくるのが、こだわりポイント。



今日の日の永遠を照らす 〜 明日を願っていたいんだ

ここから主旋律は二人ユニゾンで歌っている。
が、まだ男性視点なので、男声パートの方が大きめに聞こえている。


「今日の日」の部分、実は男性パートは「あの日」と歌っている。

原曲でこの箇所、「今日の日」と「あの日」が重なって聞こえた...気がするので...多分...


ここでの「今日」は、冒頭の「遊ぶ合図」に眩んだあの「今日」を指す。


この辺りは時間の流れ方がだいぶ変わってきている(未来ワープ術を手に入れたので)。

未来も、過去も、今日も全部の時間軸が一つにある ので 「今日の日の永遠」という表現になっている。


夏の星屑
= 「現実をもっと遊ぼう、この生を遊びながら楽しみ、全うしよう」(遊ぶ合図)

その願いに向けて進んでいく。


夏の星屑は過去(あの日である「今日」)に放った願いだけれども、二人は過去に向かってではなく、未来に向けて走っている。時間の流れ方が変わった影響。


遠い明日(=未来)ありたい姿を、君(女性)と願っていたい。という男性の願望。

遠い先まで、願いながら一緒にいたい。



反転

ここから男性 → 女性サイドの視点に切り替わる。

同時に、内面 → 世界(現実)に描かれる対象が切り替わる。



こぼれた想像に届け 描いたあの理想へと

視点が切り替わったので、女声パートの方が大きめに聞こえている。

精神的に成長したので、女性は前半に比べてちょっとだけ大人っぽい声になっている。


歌の一番の「こぼれた星屑に届け」と対になっている。

反転して見たことで、

私の中では、想像が星屑として存在していて、

世界の中には、星屑が想像として存在している、ということがここでわかる。


現実世界の中で、過去に捨ててきた願い(想像)は、全て己の中で星となって輝いていた。


星屑
= (一番で書いた通り)過去、捨ててきた純粋な願い、希望。その女性にとって大事だったこと、その女性の中から「こうなりたいなぁ」と湧き上がってきた想像。

= 「描いたあの理想」(過去の外側に押し付けられた理想ではなく、自ら思い描いたもの)



きっと僕らきっとミライを証明してるから

こぼれた想像(星屑)に対して、過去のあの時点では捨ててしまうことになるけれど、諦めるなと未来から呼びかけていた。


歌の一番で「もう恐れないで」と呼びかけてきた「廻りそうな明日」の正体は、未来の二人で、過去に向けて呼びかけた声。


「(自分達は良い未来にたどり着いていることを証明しているから)もう恐れないで」
と呼びかけていた。

未来への転換点となった「今日の日=あの日」を、決して忘れることはできない(歌の一番「忘れない今日を」)。


曲の終わりの方で、時間の流れが変わったことで、冒頭で歌われているしんどい状況下で、すでに未来からの時間が流れ込んでいた。


だから、しんどい現実を生きており、「今日(あの日)」が転換点とはまだ気づけないような段階で、「忘れない今日を」という言葉が出てきているし、

「そうさ 僕ら探し求めていた世界の本当の反射を 夜空の風を」という”未来を思い出す”ことができた。




ご清聴ありがとうございました。


いやぁ...我ながら、よくここまでめちゃくちゃマニアックに深堀り解釈しましたね!笑

頑張って言語化したけど伝わったかな...少しでも伝わるといいな( ˘ω˘ )


抽象的な歌詞なので、初めて聴いた時(ちょうど、半年前の自分の誕生日でした)には、歌詞の内容自体はここまで深く読み込めていませんでした。

が、何か強く惹かれるものがあって、繰り返し聴きながら考察を深めて、こんな解釈に至りました。

歌詞解釈を歌で表現するのは、すごく面白い試みでした。
楽しかったです!


ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

それでは。