線の繋がりが作品をきれいに見せる!【切り絵のコツ】 - 切り絵Blog 影織文庫

線の繋がりが作品をきれいに見せる!【切り絵のコツ】




今日は、胴体部分の×の線の部分を取り上げ、切り絵のコツを紹介したいと思います。





















わかりやすいように十字を切ってみました。

二つの十字を見比べてみてください。
右の方がきれいですよね。

きれいに見える理由は何でしょう。
…答えは、線の繋がり方の自然さです。




















左側の、あまりうまくない図を拡大して見てみましょう。

図では、縦線の上部分と下部分が断絶しているのがわかるでしょうか。








また、横線の下ライン(赤線部)は揃っているものの、上のラインが揃っていないため、一本の線として繋がっているように見えません。

















こうしたことが起こる原因として、表に貼ったトレーシングペーパーの上から切っていると、わずかに切る位置がずれてしまうことが挙げられます。

1ミリの誤差でも、特に小さな切り絵だと、大きなずれに見えます。







ですので、こういう線の交差を表現したい時は、切る際に紙を裏返すか、大型作品で裏返すのが難しい場合はトレーシングペーパーをめくって、残すべき線を直接目視しながら切ることをおすすめします。
そしてどの線がどう繋がっているかを意識しながら切ると、うまく見えますよ。

線の繋がりが作品をきれいに見せる!【切り絵のコツ】 線の繋がりが作品をきれいに見せる!【切り絵のコツ】 Reviewed by 影織 on 11月 12, 2016 Rating: 5