たった5ステップでできる、手作り切り絵ポストカード - 切り絵Blog 影織文庫

たった5ステップでできる、手作り切り絵ポストカード


ポストカードを手作りしました。
名刺を手作りした時同様、PowerPointで作りました。

<材料>

・黒色画用紙
・アラベール
この紙、あたたかみのある色と手触りで、とても素敵です。
写真ではわかりにくいですが、実物はクリーム色っぽいです。
「インクジェット非専用紙です」という注意書きがあるのですが、黒色の切り絵を印刷してみた結果、まるでスタンプで押したかのような優しい質感が出ました。


・A6サイズの透明クリアポケット
完成品の封入用に。


<作り方>

①切り絵を作ってスキャンする
以前、切り絵のスキャンのモードは写真ではなく文書モードを選択するといいという話をしましたが、今回は写真モードを使用しました。
というのも、ポストカードに大きく切り絵を載せようとして拡大した時に、文書モードだと画像ががたがたと荒くなってしまったからです。写真モードにすることでそれが大幅に改善されました。
②スキャンした画像をPowerPointで配置する
PowerPointを開き、デザインタブ→「ページ設定」でスライドのサイズを指定できます。普通に「はがき」サイズを選択してしまうと自動で大きめに余白が設定されます。用紙ギリギリに印刷したい場合は、はがきサイズより少し大きめにスライドサイズを設定するとよいです。
サイズ設定が出来たら、画像の配置を考えます。印刷プレビューを見ていろいろ動かしたり、はがきサイズの裏紙を適当に切って試し刷りしたりしてみるとよいです。
③宛名面を作って印刷する
シンプルイズベスト!
切手を貼る□部分と、PostCardという文字だけ入れています。
PostCardの部分には、”Gabriola”というフォント(PCにデフォルトで入っていたもの)を使いました。

④画像面を印刷する
宛名面と向きがちぐはぐにならないよう、用紙を差し込む向きに注意しましょう。

⑤袋詰めする
A6サイズの袋に詰めます。これまた百均で入手可です。


ということで、とてもお安く仕上げることが出来ましたよ。

ポストカードは2/11からの切ってみま蝶展で販売するので、どうぞお楽しみに。


たった5ステップでできる、手作り切り絵ポストカード たった5ステップでできる、手作り切り絵ポストカード Reviewed by 影織 on 2月 01, 2017 Rating: 5