自分で手をかけて改良する喜びのお話 - 切り絵Blog 影織文庫

自分で手をかけて改良する喜びのお話

昨日は、切り絵で404 Not Foundページを作成してみたというお話をしました。
記事の中ではサクっと作ることができたように書いていますが、アップロードした画像の背景が透過していなかったり、スキャン画像にゴミが映り込んでしまっていたりと、いろいろ不具合があったので、完成までは相当悪戦苦闘して修正していました。

ですが、この悪戦苦闘が楽しいんですよね。
失敗に失敗を重ねながら、少しずついいものになっていくのが、自分で手をかけて何かを改良する楽しさの醍醐味かなと思います。


ブログはまさに自分の庭みたいなものです。
記事をストックしていったり、
テンプレートの改修をして見た目を綺麗に整えたり、
そういった作業は全て、自分の庭を思うままに作り込んでいくようなものだと感じます。


私の場合、実家を離れるまでは、だいぶ大きくなるまで自分の部屋らしい部屋がなく、また部屋ができた後も、思うままに過ごせるような居心地のよい環境では決してありませんでした。
ですから、「自分だけの場所」が与えられて、そこで自由にしていいということがとても嬉しく、いろいろとこだわって、お気に入りの環境を作り込んでいきたくなるんですね。

日常空間でもサイバー空間でもよいので、そういう自分の場所をひとつ持って、好きなもので埋め尽くしたり、こだわりを重ねたりすると、わくわくします。
さらに、あれもやってみよう、これもしてみたいとモチベーションも上がり、結果、元気が出て、行動力が湧いてくるのだと思います。


自分で手をかけて改良する喜びのお話 自分で手をかけて改良する喜びのお話 Reviewed by 影織 on 4月 13, 2017 Rating: 5