孤独な鬼ごっこ【影織夢語】 - 切り絵Blog 影織文庫

孤独な鬼ごっこ【影織夢語】

よく不思議な夢を見るので、「影織夢語」とシリーズ名をつけて記事を書いていくことにしました。今回の記事の他、これまでにもう2編、「インフルエンザA型緊急対策本部を訪問した話」と「ひとの心の中には魚が住んでいるというお話」という夢の話を投稿しているので、是非読んでみてくださいね。


***

私は、街の中で鬼ごっこをしていた。
スマートフォンに届くミッションに従いながら、ハンターから逃げ回るという、テレビでお馴染みのゲームに参加していたのだった。

ゲームも後半に差し掛かった頃、他のプレイヤー達と指定の場所に移動している最中、ハンターが遠くからこちらに走ってくるのが見えた。

このままでは、一網打尽にされてしまう。
そう思った私は、集団から飛び出して、大声をあげてハンターの気を引きながら走り出した。


鬼ごっこ(影織切り絵)

ハンターの足音が迫ってくる。
作戦成功だ。

そう思って小さく笑った時、後ろから近づいてきているハンターが低い声で私に話しかけてきた。
「おい、あいつら、あんたの走り方が変だって笑ってるぞ」
「え…?」
走りながら振り返ると、先ほどまで一緒にいたプレイヤー達がこちらを指差しながら、腹を抱えて大笑いしている。
「走り方面白い」「笑い過ぎて涙が出る」「変な後姿」
彼らの会話が切れ切れに耳に届く。

体の力が抜けた。
あぁ、あいつらは、必死にみんなを守ろうとした私を、安全な場所から嘲笑っているんだ。
なんのために、こんなに頑張って走っていると思う。
なんで、笑われないといけない。

虚しさにがくりと膝をついたところを、ハンターがそっと肩に手を置く。
私は脱落した。


孤独な鬼ごっこ【影織夢語】 孤独な鬼ごっこ【影織夢語】 Reviewed by 影織 on 5月 23, 2017 Rating: 5