自分独自の文体で文章を書けるようになるには - 切り絵Blog 影織文庫

自分独自の文体で文章を書けるようになるには

本やネットの記事を読んで、素敵だなぁ、と感じた文体や表現を、少しずつ自分の文章に取り入れてみるとよいと思います。
具体的には、

1) 素敵だな、と感じる文章を繰り返し読んで味わう

「この人の文章の流れが心地よいなぁ」とじっくり感じながら読みます。
素敵、と感じるポイントは、言葉の選び方やリズムなど、いろいろあるでしょう。
気に入った言い回しは、声に出して読んでみたり、お気に入りのノートに書き写しても良いでしょう。


2) 1)で味わった文章の筆者になりきったつもりで自分の文章を書いてみる

1)で気付いた素敵ポイントを思い出しつつ、あの人が同じ文章を書くなら、ここでこう表現しそうだな、などとイメージしながら自分の文章を書いてみます。
内容を丸パクリする、ということでなく、文章の組み立て方、言い回し…などを真似てみる、ということですね。

こうすることで、自分の憧れる人の文体や表現が取り込まれ、自分の文章と融合することで、オリジナルな文章のテンポ・文体ができあがっていきますよ。

自分独自の文体で文章を書けるようになるには 自分独自の文体で文章を書けるようになるには Reviewed by 影織 on 6月 21, 2017 Rating: 5