いますぐ死にたいと強く感じてしまった時の考え方

いますぐ死にたい。
タイトルからして衝撃かもしれません。
が、今の所とりあえず死ぬつもりはなく、冷静に記事を書いています。
私は元気です。

「死にたい」という気持ちを口に出すのは悪い事だ、不謹慎だ、言ってはならないという風潮がある気がします。
しかし、そうまで思いつめてしまうほどつらい気持ちであることを、言ってはならないという理由で誰にも言えないというのは本当にしんどいと思うのです。
だから、今日はそういう気持ちを感じてしまった人のために、この記事を書いてみようと思います。

***

いま、めちゃくちゃ死にたい人に「生きていればきっといいことあるから死ぬなよ」なんて適当な事言えません。
私自身、そう言われた時に、「生きていればたしかにいいこともあるかもしれないけれど、今よりさらにずっと悪い事があるかもしれない、この苦痛にあとどれだけ耐えればいいのか!」と強い怒りを感じたことがあるからです。

また、どうしようもなく追い詰められた時に、「命があればなんでもできる!生きよう!」みたいなことを言われても、イノキかよ!上から目線かよ!という気持ちになってむかつきますよね。

だから、その「死にたい」の気持ちをまず見つめてみようと思います。
死にたい、をもう少し分解してみて、死ぬことでどんな状態になりたいのか、どんな気持ちを味わいたいのか、もっと具体的に考えてみましょう。

死ねば、
・安らかになれる。
・もう頑張らなくていい。
・休める。
・許される。
・苦痛を感じずに済む。

そんな気持ちかもしれません。

もっと言うと、いま感じている負の感情から逃れるすべを、自分が思いつく限りでは思いつかず、死ぬという手段以外にないのでは、と考えていると言えるのかもしれません。

色々なことを抱えて、感じ過ぎて、いっぱいいっぱいになって、このつらさからなんとか逃れたいと感じる時、「死にたい」という言葉が出て来るようです。

…ここまで考えて、意地悪な質問ですが、本当に死ぬと安らかになれる、のでしょうか。

生きている以上、死後の世界がどんな場所か、その正解を知る人はいません。
ですので、例えば死んだあとは、いわゆる地獄に送られてしまうかもしれないとも言えますし、あるいは全く別の人間の中で「私」として目が覚めてしまい、また辛い毎日を送らなくてはならないという可能性もあります(SF小説のようですね)。
だから「死ねば安らかになれる、死のう」と決めて死んでしまうのは、ちょっとギャンブルでないかな、と思うのです。

となると「生きていても死んでも苦しいとしたら、逃げ場のない私はどうしたらいいんだ!」と怒りだしたくなるかもしれませんよね。

ですがそれでも、生きているいま、死ぬ以外の方法で
・いま感じているつらい感情を感じなくて済む。
・安らかになれる。
・もう頑張らなくていい。
・休める。
・許される。
・苦痛を感じずに済む。
などという気持ちを味わうために動いた方が、確実性が高いと言えるのではないでしょうか。

その方法を、もう少し考えてみましょう。

***

本当に強烈な「いますぐ死にたい」という気持ちは、一日で治るか、もっと長く続くかはわからないですが、一過性のものだと感じます。
なぜなら、すべてのものは変わり続けるのであり、いまのこのつらい状況から飛びあがるタイミングは何度でもやってくると思うからです。

余裕のないいまは全くそうは思えないかもしれませんが、その強烈な「死にたい」をやり過ごすと、ちゃんと穏やかな気持ちが戻ってきます。
私自身、何回かどうしようもなく消えたい気持ちになって、なんとかやり過ごして、元気になる、ということを繰り返してきたので、そう思います。

やり過ごし方にはいろいろありますが、一人で抱えていると爆発しそうになるので、そういう時は誰かに助けを求める、ノートに書き出すなど、とにかくアウトプットしましょう。

この緊急事態にそんな気持ちを人に言うのは迷惑だから、と思ってはいけません。
緊急事態なのだから、SOSを出していいのです。
ただ、その反応によって余計に傷つくこともあるかもしれないので、いちばん傾聴してくれそうな人を慎重に選ぶ必要はあるでしょう(死にたいとか言っていいのかな、と思ってしまう気持ち、すごくわかります。でも、私自身、死にたいという気持ちを伝えた相手に、「こんなことを言う私は迷惑な存在だ」と言ったら、「死なないでほしい、君が死んだ方が自分にとってはむしろ迷惑と言える」と言われ、そっか…と思いました)。

そうしてむちゃくちゃな死にたさや、荒れ狂うつらい気持ちを吐き出してやり過ごすと、ほんの少しだけ、マシになる瞬間が来ます。
たとえていうと、豪雨と強風で、外に出たら一瞬で吹き飛ばされてしまうそうな状態から、ドアを開けられるくらいには風が落ちつき、雨足がすこし弱まったかもしれない、というくらいになります。

そうして少しでも動けるようになったら、つらい状況を抜け出すために、自分の一歩が必要になります。
「こんなにつらい中頑張って頑張って頑張り抜いたのに、もうひとつ頑張って一歩踏み出さなきゃいけないのか」
あるいは
「どうしても私がやらなきゃいけないのか、私でなくあの人が解決すべき問題なのに」
そんな気持ちが出て来るかもしれません。

前者の「ずっと戦い続けてきた人」の場合、頑張るをやめる、休む、停止する、人の手を借りるということが必要な一歩なのだと思います。
逆に「ずっと逃げ続けてきた人」の場合、向き合う、逃げずに踏ん張る、一人で立ち向かうことが必要な一歩なのだと思います。

つまり今までやってきた手法では解決できなくて八方ふさがりになり、死にたくなっているので、今までやってこなかった考え方が打開の道になるのでは、と思うのです。

まとめると
本当にどうしても死んでしまいたいという追い詰められたら、
気持ちを安全な場所で吐き出す→それで少し落ち着いたら、休むか頑張るか、とにかくこれまでやったことのないことをする。
というステップで、「死にたい=いまのむちゃくちゃつらい感情から逃れたい」という気持ちが和らいでいくと思います。

***

生きているとつらいことがいっぱいありますよね。
そんな中でも頑張って、必死によりよくなろうともがいているんですよね。
そんなあなたに安らぎと笑顔が訪れますように。
遠くから応援しています。