新しい華金の過ごし方!仕事終わりに江戸東京博物館に行ってみた - 切り絵Blog 影織文庫

新しい華金の過ごし方!仕事終わりに江戸東京博物館に行ってみた

昨晩、江戸東京博物館に行ってきました。
江戸東京博物館①


江戸東京博物館では現在「サマーナイトミュージアム」をやっていて、8月25日(金)までの毎週金曜、開館時間を21時まで延長しています。
しかも常設展は、17:30以降学生は無料、それ以外の人は通常の2割引で入れるんです。

常設展示は2階建てになっていて、江戸時代~現在までの東京の町の様子や人々のくらしについて詳しく展示されています。
ジオラマがたくさんあり、見ていてわくわくします。

江戸東京博物館②
江戸城本丸の広間の模型

江戸東京博物館③
洗い張りの着物
江戸東京博物館④
絵草紙屋。
なんだか原宿のプロマイド写真店を彷彿とさせます

駕籠に乗ってみようとか、火消が持っていたまといを持ってみようとか、体験コーナーもいろいろあります。
なぜか重たいものを持ち上げてみるコーナーが多い気がしました笑

江戸東京博物館⑤
奥:ぼてふり(野菜や魚をかついで売っていた人)の木桶を持ってみる
手前:千両分の重さの千両箱を持ってみる

また、等身大人形も多くありました。
江戸東京博物館⑥
神田明神山車の模型。大きい…
江戸東京博物館⑦
この大工さん、順路の死角に座っているのでマジでぎょっとします
江戸東京博物館⑧
歌舞伎の助六のセットが置いてあります
江戸東京博物館⑨
いまにも動き出しそうで

江戸だけでなく、東京コーナーにも模型や実際に触れるコーナーがあります。
江戸東京博物館⑩
日本初の電話
江戸東京博物館⑪
凌雲閣の模型
他にも、モダンな部屋、空襲の頃の庶民の部屋、高度経済成長期の部屋のジオラマなどがありました。

金曜夜、少し日常を離れてゆっくり歴史に想いをはせてみてはいかがでしょう。

新しい華金の過ごし方!仕事終わりに江戸東京博物館に行ってみた 新しい華金の過ごし方!仕事終わりに江戸東京博物館に行ってみた Reviewed by 影織 on 8月 05, 2017 Rating: 5