個人向けW8-BENの書き方(ウェブフォーム記入例あり) - 切り絵Blog 影織文庫

個人向けW8-BENの書き方(ウェブフォーム記入例あり)

最近、海外に羽ばたこう!作戦をいろいろ検討しており、海外向け個人ウェブサイトや、販売サイトの準備をしています。
その中で、「W8-BEN」の登録をしてね、と言われたのでの書き方についてまとめておこうと思います。

W8-BENとは

アメリカの会社から外国人がお金をもらおうとするとき、高い税金がかかります。
しかし、このW8-BENというフォームを出しておくことで、日本の税金の制度が適用され、免税や減税になる、というものです。


フォーム入力例

今回、私はPatreonというサイト上でこの入力を求められたので、そのフォームに基づいて書き方をまとめます。

個人向けW8-BENフォーム記入例

個人向けW8-BENフォーム記入例

個人向けW8-BENフォーム記入例
個人向けW8-BENフォーム記入例

  1.  Name of individual who is the beneficial owner
    ローマ字で名前を書きます。名前、苗字の順で書きました。
  2. Country of citizenship
    日本人なのでJapanですね。
  3. Permanent residence address
    住所をローマ字で書きます。通りの名前から書き入れます。City or town, state or provinceは都道府県と市町村、一応郵便番号も書きました。CountryはJapanです。
    英語の住所変換サイトを利用すると便利ですよ。
  4. Mailing address
    郵便の届け先と住所が異なる場合に書きます。同じなら空欄です。
  5. U.S. taxpayer Identification number
    アメリカの納税者番号。なければ空欄です。
  6. Foreign tax identifying number
    その他納税者番号がある場合に記入しますが、なければ空欄です。
  7. Date of birth
    誕生日を入れます。
  8.  I certify that the beneficial owner is a resident of...
    日米租税条約の適用を受けるので、Japanと記入します。
  9. Special rates and conditions
    特殊な税率の場合。ここは空欄です。
本人が申請するのであれば、Capacity in which actingは空欄で大丈夫です。署名を2か所して終了です。


個人向けW8-BENの書き方(ウェブフォーム記入例あり) 個人向けW8-BENの書き方(ウェブフォーム記入例あり) Reviewed by 影織 on 10月 05, 2017 Rating: 5