好きなことをしているのに、苦しくなってしまう時の考え方

好きなことをしていると、楽しい。
好きなことをしていると、わくわくする。

そこに、
好きなことをしてお金を稼ごうとか、
好きなことをして認められようとか、
好きなことと、お金や評価を結び付けてしまうから苦しくなり始めるのだと思う。

さらに、
好きなことだけをして年収1000万円になろうとか、
好きなことを発信してSNSのフォロワー10万人を目指そうとか、
好きなものにくっつけるハードルを上げるほど苦痛になっていき、
好きなことが好きでなくなった、と感じてしまうのかもしれない。

だから逆にシンプルに考えればいい。
好きなことをしてお金をもらえたり、
好きなことをして評価をもらえたりしたらそれは嬉しいけど、
それらはあくまでおまけであって、
好きなことをただするだけで、もう幸せでいればいいのだと思う。

好きなことをしているその瞬間に、
お金にならないと、人にウケないと意味がないと焦って不足を見出すのでなく
あぁ幸せだ、これが好きなんだと気付いてじんわりかみしめる
その今の瞬間の幸せの積み重ねが、幸せということなんだと思う。