子供も大人もワクワクするインタラクティブ作品展!TWO POCKET展に行ってきた

本多大和さんと、KATAKOTOさんのインタラクティブ作品展、TWO POCKET展に遊びに行ってきました。


入り口もさりげなく可愛い

お二組3作品ずつ、計6作品展示されていました。

本多さんの作品の中でもっとも印象深かったのがこちらの「アクターズ」という作品。
一見、普通に置いてある時計とリュックと食器。
マイクに向かって喋ると、ぱっちり目を開けて、言った通りに喋り出すんです。
すごくキュートでした...!
モノになったつもりで話すことができる、不思議な体験でした。



喋るのに合わせて口が動く

ひげがいい味出してる

KATAKOTOさんの作品の中で印象深かったのがこちらの「トリックスクープ」。
いくつか小物が置いてあり、見えないオバケをスマホで探して、写真を撮れるAR作品です。
どこだどこだ?と探し回るのがめちゃくちゃワクワクしました。
ARとハードウェアが結びつくと、こんなに面白い体験になるのか!と強烈に感動しました。


あかりのところになんかいる!

撮った写真が表示される!


まとめ

特に、ARとアナログのオブジェクトを組み合わせた作品を制作されているKATAKOTOさんとお話できたのがとても勉強になり、嬉しかったです。

技術的なヒントだけでなく、展示の見せ方のコツなどもたくさん学ぶことがあり、ぜひ次に活かしたいと思いました。

もっともっと面白い作品を作るぞー!