途方もない悲しみの中で希望を見出した日記

人生のエアポケットに落ち込んだような日々が続いてもがいている。
これまで押し込めて隠しておいた悲しみが、一気に雪崩を起こして、心を覆い尽くしてしまったようだ。

人生の曲がり角でしょんぼり立ち尽くす私に、友人が異国から虹の写真を送ってくれた。
少しでも励みになったら、と。


どうしようもなくどこまでも落ちていく時、こうしてふと人の優しさや暖かさに触れると、泣きたくなる。
孤独ではない、自分のことを思ってくれる人がいる。
全てが閉ざされた訳ではない、目を上げれば手を差し伸べてくれる人がいる。

悲しみの先には希望が待っているのだろう。
雨の後の虹のように。

写真はお守り代わりに待ち受けにした。
大丈夫、まだ歩いていける。