自分の気持ちに振り回されにくくするための方法

悪い出来事があった時に、落ち込んで自分を責めてしまう。
思い通りに進まない出来事があった時に、イライラして周囲に八つ当たりしてしまう。
何か出来事があって、気持ちが動いて、行動する。

この一連の流れは、日々流れるように自動的に起こります。

そこで、気持ちが動いた時、次の行動に入る前にちょっと意識してみる。
落ち込んだ後に、すぐ自分を責めてしまう流れや、
イライラした時に、すぐ周りに八つ当たりしてしまう流れに目を向ける。

どうして、そんな風に気持ちが動いた時、その行動(自分責めや八つ当たり)を選んでしまうんだろうか?
気持ちが動いた時、必ずその行動は必要だろうか?
別の行動を選択できないだろうか?

つい自分を責めてしまう、どうしても自然に八つ当たりしてしまう、のではありません。
自分で選択して自分を責めていますし、自分で選択して八つ当たりしています
自分で選択していることを見たくないだけ。


その上で、なぜ自分を責めるのか、他人に八つ当たりするのか、自問してみます。
先に自分を責めておいたら、周りから責められる心のダメージが和らぐと思っているのかもしれないな。
八つ当たりしたら、周りが機嫌をとって自分の思う通りに変わってくれるから、楽だと思っているのかもしれないな。
そうすると、他の行動を選択する可能性を考えられるようになります。
自分を責める代わりに、自分を優しく労ることで、結果的に心のダメージが和らぐことに気づくとか。
八つ当たりせずに自分で気持ちを処理する方法を覚えることで、周囲の人と無駄な摩擦を生まずに良い関係を保てるようになり、結果的に楽になれるとか。

すると、また似たようなことが起こった時にどうするか決められます。
これまでは、落ち込んだら自分を責めるという選択肢しか持っていなかったけれど、これからは自分を責めないという選択肢があります(その上で、また自分を責める選択をしてもいい)。
これまでは、イライラしたら八つ当たりという選択肢しか持っていなかったけれど、これからは八つ当たりしないという選択肢があります(その上で、また八つ当たりしてもいい)。

...とこんな感じで、いちいち考えるのはちょっと面倒なことに見えるかもしれません。
ですが、こうして意識的に自分の行動は選べると気づくことで、気持ちに振り回されにくくなって、人生の自由度が高まるように思います。


まとめ

気持ちが動いた時、自分が次にどんな行動を取っているのか、まずは意識してみる。
意識したら、次は選び直す。
気持ちに振り回されないで自分の行動を選ぶことが、幸せにつながっていると思うのです。