せっかくいい気分でやっていた事なのに、「無理」「無駄」という気持ちでやめたくなった時は

いい感じ!と思いながら作ってきた作品が完成に近づいた時、

え?思ったより大したことない作品では?
は?こんなの面白くないのでは?
微妙な出来なのでは? 

などという心の声が聞こえて、

うぁーーーもうだめだーー_(:3」z)_
やだやだ全部燃やしてやるーー_(:3」z)_

となる事がよくあります。
(いま、まさにそのまっただ中なので、ブログを書き始めました)

さて、こんな時どう考えたらいいだろう?


足を引っ張るネガティブ感情

似たような事で、
何かやってみよう!と思い立ったあと、「やっぱ120%自分には無理なんだ…」と凹んだり、前向きに何かに取り組もう!と希望が湧いてきたあと、「そんなのどうせ無駄なんだ…」としょんぼりしたり。


せっかくいい感じに気分が盛り上がっていたのに、水をぶっかけられたように、一気にネガティブな気分になる事ってあるあるなんですよね。

でも、そのネガティブは、実は幻な事が多いです。

凹んだからと言って諦めてしまうのはもったいなく、むしろネガティブな気持ちを感じながらも、そのまま淡々と進めていくと、実はちゃんと満足行く結果にたどり着くものなんです。


なんでこんな凹むの?

自分ならうまくできる、うまくいく。
それをどこか心の深い部分で確信した時、同時に、恐怖が湧く。

うまくいかないかもよ?
ダメダメな理由をいっぱい並べてやろうか?
そんなイヤーな声が聞こえてくる。

それは、ふりこ運動と同じで、ポジティブに振れた後、バランスを取るかのようにネガティブに振れて、つりあいを取っているだけと考えると良いかもしれません。


振り子は大きく片側に振れたあと、反対側に大きく振れ、少しずつ振れ幅が小さくなっていき、最後に真ん中で落ち着きますよね。

同様に、ポジティブに振れた気持ちが、ぐーんとネガティブに引き戻されて、最終的には落ち着くのです。

ネガティブな気持ちに振り回されてやめてしまうという事は、振り子がネガティブ側に大きく振れた瞬間、紐を切ってしまうのと同じ事。
切れたおもりは遥か彼方、ネガティブの方角にぴゅーんと飛んでいってしまいます。


だから、「せっかくいい感じだったのに、しょんぼりしちゃった…もうやだ…やめる…」とがっかりし過ぎないで、
「なるほど、これは気持ちが真ん中に落ち着こうとしているだけなんだな。別に自分が取り組んでいる内容が、悪いものというわけじゃないんだな」と考えて、淡々と進めばいいのです。


ちなみに、これは個人的な経験則ですが、こんな風に落ち込んだ時ほど、蓋を開ければちゃんといい結果になる事が圧倒的に多いです。

だから、落ち込んだ後は、安心してまた続きから取り組めば良いのですね。


まとめ

せっかくポジティブな気持ちで取り組み始めた事を「無理だ」「無駄だ」「もうだめだ」とやめてしまいたくなった時。

それはちょっとした振り子トラップ(いま命名した)。
振り落とされないで、淡々とそのまま進んでいきましょう。

先はきっと明るいです。