人に何かしてもらうと、何も返せないという虚しさや申し訳なさに囚われる人のための考え方

何か物を貰ったり、してもらったりした時、負債を抱えてしまったような気持ちになる。
申し訳ないなぁ、すまないなぁと罪悪感を覚える。
大したものを何も返せないや、と無力感を感じる。
そんなことがある。



逆の立場を考えてみる。

誰かに優しくしたり、何かをプレゼントした時、
「何だか気を使わせてごめんね」
「申し訳ないから受け取れないよ」
「何もお返しできなくて申し訳ない」
...と言われたら、きっと少し悲しい。

そんな言葉が聞きたかったんじゃなくて、喜んでほしかっただけなのに。
見返りがほしくって、優しくしたんじゃない。
あなたが笑ってくれたらいいなと思っただけなんだよ。



「してもらったことに何も返せない」じゃなくて、私が素直に喜んで受け取ること自体が、相手に与えられることなのかもしれない。