結果を出さなければならない、というプレッシャーで辛くなる時の考え方

どうしてもこれを手に入れないといけない、
絶対にこうならないといけない、
と思って行動すると、苦しくなります。

例えば、どうしてもこの試験に合格しないといけないとか、
絶対にこのプレゼンテーションを成功させないといけない、とか。
お腹痛くなりますよね。


それは、こうならなければならない、と結果をコントロールしようとするから苦しくなるのだと思います。

そんな時は、

自分にとってうまくいくことが必要なタイミングだったら、きっとうまくいくし、
自分にとって失敗することが必要なタイミングだったら、きっとうまくいかない。
どちらに転ぶにしろ、今の自分に必要な結果が手に入るのだろう。

そう考えると、少し楽になるかもしれません。


結果を必ず出す、と背負わなくてもいいのです。
なぜなら、結果は自分一人の力でコントロールできないものだから。

結果が出なかったとしても、自分を必要以上に責めなくていいのです。
なぜなら、結果は自分一人の力でコントロールできないものだから。

自分ができるのは、結果を出すための入念な準備や努力の積み重ねをするところまで。
そこから先の結果は、運命とか神とか、何か自分の信じられる大きなものにお任せしてしまえばいいのです。
まさに「人事を尽くして天命を待つ」ですね。


まとめ

結果を出さなければならない、というプレッシャーで辛くなる時は、
結果をコントロールするのをやめるといいと言うお話でした。