まだ準備できていないと思うタイミングでも、潔く飛び込んでみようというお話

例えば、もう少しフォロワーが増えて知名度が上がってからこれをやろうとか、
もう少し練習してレベルが上がったら公開しようとか、
もう少し実績を積んでからあの人とコンタクトを取ってみようとか。

本当はこれをやりたいけど、準備ができたらやってみよう、と思いたいことがある。

それを、まだ準備できていないと思える今、すぐ軽くやってしまうのがすごく大事だと思うんですね。


「準備ができたら」と言う基準値は、一見客観的なようで実は主観的です。
どのレベルで準備完了とするかは自分で決められるものであり、法律や規則で決まっているものではないからです。
また、ある程度十分なレベルに達していても、チャレンジすることの怖さから、まだ全然だめだと低く見積もって逃げたくなってしまうこともよくあります。

だから、これはすごく曖昧な基準なんですよね。

準備できていないと言ってしまえば、私の中ではまだ準備できていない。
だったら?
準備できていると言ってしまえば、私の中では準備できていることにだってできるわけです。


もし失敗したとしても、それで自分の価値が損なわれるわけでもないですし、
やり方を工夫して、何度だってリトライできるでしょう。
とりあえず、ちょっとアホになって、まぁやるだけやってみよう、と飛び込んでみる。
そんな軽さでやってみるのがいいのだと思います。


まとめ

準備できたらやろう...と思っていることは、思い切ってすぐにでもチャレンジしてみるのが大事ではないかなと思います。
その勇気を出して一歩踏み出してみることで、心の中で暖めているそれは、意外とすんなりうまく行くかもしれません。