バケツの例え話

バケツをひとつ持っているとする。 
それを使って水を注ぐ時、 
そもそもその底に穴が空いていたら、 
どんどん水が漏れ出して 
満足に水を注げないだろう。 
水を注ぐ前にまずやるべきことは、
まずバケツの穴を塞ぐことだ。 

人に優しくする時も同じで、 
自分というバケツに穴が空いていたら、
満足に愛情を注げないだろう。 
まず自分を労って、バケツを直す。 
それから外側に愛情を注げるようになるのだと思う。