満たされるまでやる

突然、ある一つことばかり集中的にやる、という謎のブームがやってくることがあります。

例えば、以前は毎日夕飯後に必ず一枚の板チョコを食べ、さらに追加で別のチョコレートを食べ続ける日々が続いていました。
(多分、近くのスーパーの人に「チョコの人」って覚えられていたと思います笑)

あと、イタリアに来てすぐの頃は、パンナコッタをほぼ一日一個のペースで食べ続けていました。

他にも、少し前の疲れていた頃、暇さえあればずっと空想をし続けていたこともありました。
ぼんやりしていると、いつの間にか3時間くらい過ぎているという...笑

が、どれもある日ぱたっと終わったんですよね。
終わった後は、完全にノータッチになる...というわけでもないのですが、
「前はなんでそんなに夢中になっていたんだ???」
と不思議になるくらいに、熱が冷めるんですよね。


満たされるまでやる

こういう、突然スイッチが入って一つのことばかりやりたがる時は、
「何かが不足していたのを、一気に満たして調整する時間なんだな」
と思ってそのままにするようにしておきます。

甘いものの食べ過ぎで太るのではとか、ぼんやりしていないでもっと生産的なことをしないと、と思う時もあるのですが、抵抗するほど苦しいんですよね。

無理にやめよう、なんとかしようと制御するのをやめ、一旦体が欲しいままに任せてみるのです。

一生このまま続くのでは、と不安になるかもしれませんが、それも無視。
満ちて飽きれば必ず終わりが来るので、心配しなくて大丈夫です。

また、謎ブームの原因については、あまり深く考えないようにしています(いくら考えても、結局正確な理由は謎のことが多いのです)。

何か自分の中に偏りがある故の、均そうとする動きなんだろうな。
平衡状態になるまで、気長に待とうか。
そんな気持ちでいれば、穏やかに過ごせますね。


まとめ

ある一つことばかり集中的にやる、謎のブームがやってきた時は、それが終わるまで身を任せ、満たされるまで過ごしてみようというお話でした。